●7月5日に生まれたアスリート

1949年 川藤 幸三(カワトウ コウゾウ)
プロ野球選手
阪神で18年間活躍。代打の切り札として人気を集めた。1985年阪神日本一に貢献。

1975年 杉山 愛(スギヤマ アイ)
テニス選手
女子ダブルスで全英、全仏、全米OPで各1回、混合ダブルスで全米OP1回優勝。

1983年 小椋 久美子(オグラ クミコ)
バドミントン選手
2008年北京五輪女子ダブルス8位入賞。潮田玲子とペアを組み「オグシオ」と呼ばれた。

1989年 唐川 侑己(カラカワ ユウキ)
プロ野球選手
千葉ロッテマリーンズ所属の投手。最速148km/hのストレートと鋭いスライダーが武器。

1994年 大谷 翔平(オオタニ ショウヘイ)
プロ野球選手
北海道日本ハムファイターズ所属。投手と打者の「二刀流」で、二桁勝利&二桁本塁打を記録。



<一白水星> ▲ 調子に乗っては足をすくわれる。不安材料があれば潔く撤退せよ。
<二黒土星> ○ 朝の出足から福運の流れに乗れる好日。予定事は積極策が有利。
<三碧木星> × 考え事や工夫をするには良い日。自己過信は油断につながり危険。
<四緑木星> △ 大事は慎重に見定めて運ぶこと。実行や決定は後日に回して安泰。
<五黄土星> ○ 苦手分野に挑戦して新境地開拓。予備知識をもって運べば進展す。
<六白金星> ◎ 千載一遇のチャンスに恵まれる。骨が折れても計画通り運んで吉。
<七赤金星> △ 分外事への関与は控えるが無難。出過ぎた言動も慎んで平穏無事。
<八白土星> ○ 力量を発揮する場に恵まれるが今日の失敗は将来の教訓となる。
<九紫火星> △ 広く浅くが良好な関係を築く鍵。揚げ足を取るより素直さが肝要。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
画像2: 7月5日(水) あのアスリートが生まれた日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.