●5月12日に生まれたアスリート

1975年 井端 弘和(イバタ ヒロカズ)
プロ野球選手
中日、巨人で活躍。中日時代、荒木と組んだ1,2番二遊間コンビは「アライバ」と言われた。

1976年 高見盛 精彦(タカミサカリ セイケン)
大相撲力士
元東関部屋。最高位小結。取組前に気合を入れる仕草から「角界のロボコップ」と呼ばれた。

1977年 藤井 秀悟(フジイ シュウゴ)
プロ野球選手
ヤクルトなど4球団で活躍。2001年に最多勝を獲得し、ヤクルトの日本一に貢献。



<一白水星> △ 思い込みには予想外の落とし穴。石橋を叩いて渡る堅実さが必要。
<二黒土星> ○ 自らの身辺を整え運気好転する。話を聞く心のゆとりが信頼増す。
<三碧木星> △ 自己主張ばかりすると嫌われる。物事の軽重を見極める目が肝要。
<四緑木星> ◎ 計画事が順調に運び成就の兆し。何事も逃げ腰では却って損する。
<五黄土星> ○ 仲間と結束を固めて大きく前進。未来に目を向けてこそ展望開く。
<六白金星> ▲ 疑心暗鬼に陥っては判断を誤る。計画案は事前に再吟味すること。
<七赤金星> ○ 感性豊かなアイデアが冴える日。情報の有効利用が身を救うとき。
<八白土星> × 知識や経験があっても手元が狂うことがある。過信はケガの元。
<九紫火星> △ 愚痴をこぼすと運気が乱れる日。攻めるよりも守りに徹して安泰。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
画像2: 5月12日(金) あのアスリートが生まれた日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.