テニスコートの上。
強烈なスマッシュを打ち抜かれて万事休す…。
…と思いきや、ゲームはまだ終わりません。
背後の壁で跳ね返ったボールを打ち返せば問題ナシ。
コート上をボールが縦横無尽に跳ね回る様子はさながらピンボール。
そんな、スペイン生まれのユニークなラケットスポーツ「パデル」をご存じでしょうか?
日本でも各メディアに取り上げられ、着実に裾野を広げているこのスポーツの魅力を取材するべく、株式会社Padel Asiaが運営する施設「パデル東京」に伺いました。

画像: あの著名人も愛好!スペイン発で人気急上昇!“手軽な奥深さ”で日本でもハマる人が続出/BBQとセットで楽しむ!新感覚ラケットスポーツ「パデル」の魅力①

秘めるメジャースポーツのポテンシャル

「今、著名人の方も結構多くパデルをやられていて。(「キャプテン翼」の作者)高橋陽一さんや楽天の三木谷浩史さんとか、FCバルセロナのピケ選手も。あとは、4月にスペイン国王が来日しますが、国王もパデルが趣味なんですよ!」

そう言って笑うのは、株式会社Padel Asiaの玉井勝善さん。

画像: トナカイの角とサンタのパンツを穿いたコスプレでレッスンを行う玉井さん/Ⓒ2017 Padel Asia inc.

トナカイの角とサンタのパンツを穿いたコスプレでレッスンを行う玉井さん/Ⓒ2017 Padel Asia inc.

パデル――。
約40年前にスペインで誕生したラケットスポーツで、同国では現在、人口のおよそ10%にあたる、約400万人(2016年時点)の人がプレーしています。ラファエル・ナダルら世界的なプレーヤーを輩出しているスペインのテニス人口が約100万人。その4倍と考えれば盛況ぶりがうかがえます。ナダル本人も、もちろんパデルの愛好者です。

「日本に関していえば、今テニスの競技人口は約400万人ですが、スペインと同じようにテニスの競技人口の数倍にまで拡大すれば…、例えば3倍なら1200万人にもなります。スポーツの中でも最大級のマーケットになっていく可能性を持っているんです」

野球、サッカーといった国内メジャースポーツの競技人口が現在、約600~800万人。それらを凌ぐ、一回り大きなポテンシャルを持つスポーツなのです。潜在的な可能性に目を付けてか、テニスラケットメーカーも軒並みパデル用ラケットの販売に手を広げており、現在大手メーカーはほぼ全てパデルラケットのラインナップを展開。2012年からは、テニスのATPツアーにあたる、ワールドパデルツアーというプロツアーも開催されており、前身のパデルプロツアーと合わせ12年にわたって、トッププレーヤーたちが欧州や南米の国々を転戦しています。裾野の拡大ぶりを表す話があります。

「この前、驚いたことがあって。パデルが日本に上陸したのが2013年。同じタイミングで、イタリアにも入ったんです。両国とも当初、コートは2面だけだったんですが、この前イタリアに行ったら500面に増えていた(笑)。3年間で250倍ですよ。パデル人口は劇的に増えているんです」

日本では現在コート数は20面弱、競技人口は約1万人ということですが、プレーヤーはジワジワと増えている状況です。玉井さんは言います。

「日本に上陸した当時、普及活動をほとんど誰もしていなかったんですね。コートがあるだけで、普及を担う協会もなければ会社もなかった。そこで2015年に会社(株式会社Padel Asia)を立ち上げ、去年、協会(日本パデル協会)ができて、ようやく普及させていく体制が整ったところです。先日スペインまで出向いて普及活動の説明をして、後日、日本まで視察にいらした国際パデル協会の副会長から、『全力で応援しますよ!』と。その結果、今年、日本は国際パデル協会への加盟が認められて、アジアのリーダーとして活発に動いています。例えば先日もタイで“親睦パデル”を開催したりとか。他国に比べて積極的に動いていることが、徐々に結果として出てきているのかな、と」

なぜ、世界中の人々はパデルにハマっているのでしょうか。そして、パデル専業の会社まで立ち上げてしまった玉井さんを惹き付ける魅力はどこにあったのでしょうか。次回はそんなパデルの持つ魅力を、ルール説明を交えながらお伝えしていきます。

(第2話へ続く)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.