3月5日、等々力競技場で行われた川崎フロンターレのホーム開幕戦。始球式を務めたのは、今話題沸騰中の3ピースバンド「SHISHAMO」の皆さんでした!

●前回までの記事
「スタジアムに入るまで」も楽しい!/川崎フロンターレ ホーム開幕戦に行ってきた!①
強力な新戦力!?  話題沸騰中の3ピースバンド「SHISHAMO」の皆さんが登場!/川崎フロンターレ ホーム開幕戦に行ってきた!②

無事始球式を終えると、選手入場が行われ、SHISHAMOのメンバーから両チームのキャプテンへ記念品の贈呈がありました。贈られたのは、なんとサイン入りのギター! サガン鳥栖の豊田陽平選手、ポーズが決まってます!(笑)

画像: 「サポーターのみんなが『おかえり!』って言ってくれてる気がした」(SHISHAMO)/川崎フロンターレ ホーム開幕戦に行ってきた!③

実はこの日、とても緊張していたという彼女たち。「明日も」という曲のプロモーションビデオ撮影で、既に等々力競技場のピッチを踏んでいた皆さんでしたが、大勢の観客が入ったスタジアムは「想像以上の景色だった」(ギターボーカル 宮崎朝子さん)そう。

始球式を務めた感想を、ハーフタイムに聞かせてくれました!

始球式を終えたSHISHAMOの皆さんにインタビュー!

「ミュージックビデオを撮影した時から始球式をイメージしていて、『このスタンドが全部埋まるのかぁ』って想像はしてたんですけど…、楽器を持たずにたくさんの人の前に立つのは、変な緊張感がありました(笑)」(宮崎さん)

ボールを蹴ったドラムの吉川美冴貴さんは、小学1年生から高校生までサッカーをやっていたそうで、さすが元サッカー少女! 強烈なシュートを放っていました! 1本目は惜しくもクロスバーを叩いてしまいましたが、その時はどんな気持ちだったのでしょうか!?

「何も思う暇もなく、気付いたらもう1本蹴ってました。終わった後に、『やっちまったな』って思った(笑)」(吉川さん)

「でも、1本目は失敗したけど、みんなが応援してくれてたから。そのおかげだよね」(宮崎さん)

2本目のシュートが決まると、真っ先にサポーターの皆さんがいるスタンドへ走っていった彼女たち。その時は、どんな気持ちだったのでしょうか。

「試合を観に行っていた時も、みんなすごく優しくしてくれていて、いつもみんなで楽しく応援させていただいていたんです。今日はピッチで始球式を務めて緊張したけど、みんながスタンドで待っててくれたので、『ただいま!』っていう気持ちで走っていきました。みんなも『おかえり!』って言ってくれてる気がしました」(宮崎さん)

もともとフロンターレが大好きだったという彼女たちですが、今シーズンからは、さらに強力な味方になってくれるに違いありません。選手たちへ向けての応援メッセージを聞かれると…「なんか、私たちが言うのもおこがましいね」と少し恥ずかしそうな宮崎さん。でも、「自分の中で、フロンターレがすごく毎日を彩ってるんです。だから私はこれからも本気で応援したいし、勝ってほしいなと思います!」と話してくれました。

そして3人が着ているユニフォームですが、ちゃんと背番号が入っていることにお気付きでしょうか!? これ、実はそれぞれのリアル推し選手の番号なんです! 最後に、その推し選手に対する想いも聞いてみました!

「中村憲剛選手はずっとフロンターレ一筋でやっていて、もうほんとにヒーロー。私にとってもだし、フロンターレにとってもヒーローだなって思います。試合でみんなを引っ張っていく求心力がすごく魅力的です」(吉川さん)

「私は小林悠選手で、今シーズンからキャプテンを務めていらっしゃるんですけど、欲しい時に点を決めてくれて素直にカッコいいと思える、そういうところがすごく好きです」(ベース 松岡彩さん)

「私は、初めて見た時からエドゥアルド・ネット選手にすごく惹かれてしまいました。直感で、応援しようって思ったんです。これからも応援していきたいなと思ってます」(宮崎さん)

フロンターレを勝利へ導くSHISHAMOフラッグ!

そしてこの日、サポーターの皆さんからSHISHAMOのメンバーへ、2枚のフラッグが用意されていました。一枚はサポーターの皆さんによりデザインされたもので、もう一枚は、宮崎さん書き下ろしのイラストがデザインされたもの。試合終了後にSHISHAMOの皆さんがサインやメッセージを書き込んだこの2枚のフラッグは、今後、試合時にスタンドに掲げられるそうです!

「めざせ優勝」と願いが込められたこのフラッグは、フロンターレを勝利へと導いてくれるに違いありません!

画像: フロンターレを勝利へ導くSHISHAMOフラッグ!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.