「巻フットサルセンター カベッサ熊本」。その名の通り、元サッカー日本代表でロアッソ熊本のFW巻誠一郎選手が創設したこのサッカースクールでは、相手を見抜いて足元の技術を出す「1対1」での強さを重視して育成が行われていました。

●前回までの記事
【第1話】巻誠一郎選手が生まれ故郷で営むサッカースクール ―巻フットサルセンター カベッサ熊本―/がまだせくまもと!#54
【第2話】うまくなりたいから「子どもたちから学ぶことがたくさんある」―巻フットサルセンター カベッサ熊本―/がまだせくまもと!#55

画像: 「努力は人を裏切らない」巻選手の熱いハートを子どもたちに伝えたい ―巻フットサルセンター カベッサ熊本―/がまだせくまもと!#56

施設マネージャー兼スクールGMの稲田将吾さんに引き続きお話を伺うと、カベッサ熊本ではもう一つ、とても大事なことを教えているそうなのです。

それは、ハートの強さ。つまりメンタルの部分。

仮にスクールで高い技術を身に付けたとしても、ハートの部分が欠けていると、巻選手のようにプロや日本代表選手になれるかといったらそれは難しいのかもしれません。カベッサ熊本では、3歳から15歳(中学校3年生)までの子どもたちが練習している中で、それをどのように伝え、教えているのでしょうか。

巻選手のスピリット、ハートの強さを子どもたちに伝えるには…

「ハートを強くするとか、メンタルの部分って一番難しいんですが、やっぱり何事も一生懸命やれるかやれないかだと思います。僕らは、“諦めない”ということをとても大事にしています。巻さんがワールドカップの日本代表メンバーに入った時、『努力は人を裏切らない』ということを言いましたが、僕はその言葉が好きで、子どもたちに伝えたいなと思っています」(稲田さん)

“諦めない”ことをとても大事にしているというカベッサ熊本。例えば、子どもがボールを追うのを途中でやめてしまったり、試合で点差を付けられた時に気持ちを落としてしまったら、叱ったりするのでしょうか…?

「そんなときは、何のためにそこに走るのか、走った方がいいのかということを、言葉で伝えるようにしています。スクールの中でもたくさん話をしたり、子どもたちに細かいところまで聞いたりすることもありますよ。

そうしたら『あっ、そういう考えだったんだね』って褒めてあげることができるので、褒めて伸ばすということもしながら、『それもいいけどこの方法もいいんじゃない?』って選択肢を持たせるんです。そして、やってみたことに対して『ナイスチャレンジ!』って言って、『今どうだった?』ってもう一度考えさせる。

その繰り返しなので、子どもたちも結構頭を使うと思います。自分の意見を持っておかないといけないので」

画像: 巻選手のスピリット、ハートの強さを子どもたちに伝えるには…

「でもやっぱり、一生懸命やることの大事さを普段から話したりもしているんですけど、逆に言い過ぎちゃうとそれがやらされてることになったりだとか、聞き慣れてしまって全く響かなくなっちゃったりするので、話し方を変えたり、雰囲気を変えるなどの工夫もしています。例えば僕らが言うのと、巻さんが来て同じことを言うのとでは、子どもたちの受け入れ方も全然違う」

現役のうちにサッカースクールを始めた理由

巻選手は、今まさにロアッソ熊本に在籍している現役のプロサッカー選手。スタジアムに行けば実際にプレーしている姿を見ることもできます。ややもすれば、現役のうちにほかのことをするのは批判の対象になることもありますが、そこは重要なポイントだったようです。

巻選手はカベッサ熊本を開校するにあたり、「夢は諦めずに努力する人だけがかなえられる」と記しています。大きな夢を持ち、それに向けて頑張ること、取り組むことの大切さを子どもたちに伝えたい。巻選手自身が育ててもらった“サッカー”と“熊本”という場所で、自分が経験してきたことを子どもたちに伝えたいという強い想いがあったようです。

画像1: 現役のうちにサッカースクールを始めた理由

うまい選手でも、誰もがプロになれるわけではない。ましてや海外で活躍したり、日本代表に選ばれることは、もちろん簡単なことではありません。でも、そういった中で自分が日本代表までやれたということ、頑張れば誰でもやれる可能性があるということを、実際にプレーしている姿を見せながら伝えたかったのでしょう。そして、夢をかなえるチャンスをカベッサ熊本でつかんでほしいのではないでしょうか。

画像2: 現役のうちにサッカースクールを始めた理由

「巻さんは、『自分がなれたんだから』というようなことはいつも言ってますね。技術的なことも教えますが、僕が子どもたちに一番伝えたいのは、巻さんの気持ちや、その熱いハート。そこが一番難しいんですけど、それを僕らが伝えることができたら、もっといい選手が出てくるようになるんじゃないかなと思います」

巻選手のようなハートやメンタルの強さを持った選手、さらにテクニックも併せ持った選手がこれからどんどん熊本から生まれてくるんじゃないかと思うと、私も熊本人としてとても楽しみです! 稲田さんも、目を輝かせてこう話してくださいました。

「熊本の選手が日本、世界へ巣立っていくということは、やっぱり夢ですよね。今も、大津高校の僕らの後輩にあたる植田直通選手(日本代表、鹿島アントラーズ)とかがいますが、どんどんMade in Kumamotoの選手が出てくれば、またちょっと違う角度から熊本を見てもらえるのかなと思います。熊本の力強さを見せていきたいですよね」

画像3: 現役のうちにサッカースクールを始めた理由

10年後、20年後の日本代表には、熊本出身の選手がたくさん名を連ねているかも…? これからの熊本がとても楽しみですね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.