お待たせしました! 野手編です

ペナントレース開幕から2週間。
横浜DeNAベイスターズは、5勝8敗1引き分けの借金3で、4位(4月16日現在)という成績。
ではありますが、先日もスワローズを相手にカード勝ち越しと、波に乗ってきた感もあります! これからまだまだ、楽しみが増えて行きそうですね。

さて、「横浜に入る悦び!9」開催を前に募りました「ベイスターズ・今シーズンの注目選手」アンケート。高崎健太郎投手が1位に輝いた<投手編>を経て、今回は<野手編>となります。抜粋しました皆さまのコメントと共に、結果を発表していきます。トークライブに参加された人も、そうでない人も、ぜひあらためてアンケートを振り返ってみて下さい。

なお、トークライブの時とは別途、厳密に票数を集計し直しておりますため、トークライブ時の得票数順位と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

みんながんばれ! 期待のこもる選手たち

まずは、得票数は少ないながらも、今回得票のあった選手たちをご紹介します。
※掲載コメントのお名前は、敬称を略しております。

<#0 山崎 憲晴選手>
・昨春、ひと冬越えてパワーアップしたという記事にすごく期待していたところに、まさかの長期離脱。パワーアップしたニュー憲晴に期待しています!(およよ)

<#4 荒波 翔選手>
・長いシーズン、上手くいかない時は絶対にある。若い桑原はもちろん、梶谷や筒香が不調に陥った時、あの足と守備でチームの窮地を支える時が間違いなく来る。彼の存在がチーム力の底上げに繋がっている。(りょーへい)

<#7 石川 雄洋選手>
・みんな叩くけど…でもやっぱり、やっぱり雄洋が好きなんです!石川がもう一花咲かせてくれれば、野手の穴が解決します。ぜひ、ぜひ雄洋の手で栄冠を!(どん)

<#25 筒香 嘉智選手>
・WBCでの姿は僕たちの知ってる筒香選手から遠く感じるくらいの選手になってきました。今年どのくらいの成績を残し、セリーグ三冠王、そして優勝まで引っ張ってくれるんじゃないか、期待しかありません。(はっち)

<#39 嶺井 博希選手>
・昨年のCSでの決勝打は感動しました!キャラが好きです!!正捕手になってほしい!!(滋賀丸)

<#52 細川 成也選手>
・高卒ドラ5のルーキーに気が早いのは承知の上ですが、春キャンプからのホームランの数を考えるとロマンを感じずにはいられません。筒香選手が次のステージを目指す前に4番筒香、5番若しくは3番細川という並びが見たい!そしてアベックホームラン!なんて考えただけで小躍りしたくなります! 今年の夏が終わる頃には是非とも1軍に上がってきて欲しいです!ああ、気が早い!(デルコ)

<#67 田中 浩康選手>
・実はちなヤクだからです。開幕スタメンで石川との対決を楽しみにしています。(しげぞう)

上記に上げた選手の他にも、
#2 ホセ・ロペス選手、#6 松本啓二朗選手、#10 戸柱恭孝選手
#42 エリアン・エレラ選手、#51 宮崎敏郎選手、#98 アウディ・シリアコ選手
以上の選手にメッセージをいただいております!

得票数、ベスト5に行きます!

そしてここからは、<野手編>のベスト5となります!

<第5位:#31 柴田 竜拓選手>
・昨年は開幕スタメンだったものの、即倉本選手にお株を奪われ…一年間二軍で鍛えた打撃を存分に発揮してもらいたい。守備範囲の広さで倉本選手のバックアップとしても活躍が期待できると思っています。(とじまる)
・以前から守備の上手さは飛び抜けて高かったが、打撃がパッとしなかった。がしかし昨シーズンの後半から二軍で打撃が良くなり、練習試合ではホームランも見られ、内角をさばくのも上手くなったから。(らすく)
・守備が上手い。オマケにかわいい。(さくら)

<第4位:#37 桑原 将志選手>
・昨年の守備に目を見張るものがあった。センターでゴールデングラブ賞を獲れるように期待している(いけこ)
・リードオフマンとして固定できるかが成績を左右しそう。(トータス)
・1年間を通しての活躍を期待!まだ野球ファンになって日が浅いですが、桑原のプレーを見ているとワクワクします。(みなみ)

<第3位:#63 関根 大気選手>
・今まで良かった時のバッティングをオープン戦でずっと継続している。打席での間合いとか打てる雰囲気が出てる気がします。(じゅん)
・野手の熾烈な争いに肉も食べずに挑戦する姿勢が凄いから(さやぼう)
・オープン戦の打率。がんばっていると感じる。(えい)

<第2位:#44 佐野 恵太選手>
・ドラフト最下位指名とは思えないバッティングセンスに惚れ惚れしています。ゾノ様の後を継ぐ甘いマスクの代打として活躍を期待しています!(こばたん)
・最初は同じ苗字ということで気にかけていたのですが、HR、連続安打と大活躍なので期待しています!(さの)
・昨年の『戸柱選手』の様な、とてもルーキーとは思えない風格、活躍なので(たいき)
・一発で勝負を決めてくれる勝負強さ、オフィシャルマガジンのファンの声で自分の投稿が掲載されたからです(たいら~)

 
ハマスタでのオープン戦開催時期と回答受付の時期が重なっているため、オープン戦時期に目立った活躍をしてくれた選手の名前が非常に目立ちます。中でも関根選手は4月14日のサヨナラ勝ちに大きな貢献を見せてくれました! それも記憶に新しい出来事でしたね。これからどんな活躍を見せてくれるのか、ますます期待が沸いてきます。

そして! そして! このなみいる選手たちに大量の票差をつけて、ダントツで第1位の座に選ばれたのが!

圧倒的な支持!輝け、時代のヒーロー!

<第1位:#6 白崎 浩之選手>
・シリアコとの熾烈なサード争いによる相乗効果で遂に覚醒!孤高のソロアーティスト卒業!(ハチナナ)
・祝!キャンプ初完走!!(ぴくみん)
・そろそろソロの人を卒業して活躍して欲しいから。(ケメ)
・今年こそ覚醒の予感(そんなに振らなくても充分ホームラン)(manaiwa)
・オープン戦はホームラン4本。大谷、高山、ダフィーに並ぶトップタイ。「ツーランツーランしーらさきー!」のコールもかかるようになった。打撃フォームも変わり今年の彼は何かが違う!もうミスターソロとは呼ばせない。それはそれで少し寂しいんですけどね。(ちゃんめぐ)
・プロ入り5年目のドラ1なのでそろそろ結果を出して欲しい。サードのレギュラーになって活躍すれば絶対にチームが強くなるはず。(さとし)

 
上記のように、白崎浩之選手が、第1位となりました! 2位の佐野選手にもかなりの票差をつけて、まさにぶっちぎりの1位でした! 彼の潜在能力に、やっぱり誰もが高い期待をしているんでしょうね。

サードのみならずファーストやセカンドにも挑戦するなど、守備でも貢献の場が増えてきた白崎選手。「当たれば筒香以上の飛距離」と言われるほどに、まさにロマンあふれる選手です。今年はオープン戦でも、大谷翔平選手(北海道日本ハム)たちと並ぶ4本塁打を放ち、"オープン戦本塁打王"に。

シーズンに入ってもその活躍を期待されていますが、今のところなかなか結果が出ていない状態です。ただ、前述の4月14日のスワローズ戦、サヨナラを呼び込む、食らいついてのサード内野安打でチームの勝利に貢献してくれました!

壁をぶち破り、殻から飛び出すことを。ソロだけではなく、2ラン、3ラン、グランドスラムと、"チャンスに強い白崎"を、誰もが期待し、待ち望んでいます。

その明るい笑顔に、一部では「ハマのプリンス」とも呼ばれているらしい白崎選手ですが、真に"時代のヒーロー"になってほしいですね! 多くの期待が集まった第1位でした。

ベイスターズの2017年の戦い、引き続き、応援していきましょう!

そして!

画像: 吉川正洋(ダーリンハニー) on Twitter twitter.com

吉川正洋(ダーリンハニー) on Twitter

twitter.com

「横浜に入る悦び!10」開催決定しました! こちらもよろしくお願いします!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.