●4月19日に生まれたアスリート

1955年 遠藤 一彦(エンドウ カズヒコ)
プロ野球選手
大洋で活躍。最多勝を2度獲得。1983年沢村賞。1982年から6年連続2桁勝利をマーク。

1969年 久慈 照嘉(クジ テルヨシ)
プロ野球選手
阪神、中日で活躍。1992年新人王を獲得。堅実な内野守備を売りにした。

1969年 礒貝 洋光(イソガイ ヒロミツ)
サッカー選手
G大阪、浦和で活躍したMF。ゲームメーカーとしてJリーグ初期のG大阪を支えた。元日本代表。

1973年 テンポイント(テンポイント)
競走馬
天皇賞春、有馬記念優勝。トウショウボーイとの対決で競馬界を盛り上げた。愛称は「貴公子」。

1976年 金村 曉(カネムラ サトル)
プロ野球選手
日本ハム~北海道日本ハム、阪神、信濃(独立リーグ)で活躍。 1998年、最優秀防御率を獲得。

1987年 マリア・シャラポワ(マリア・シャラポワ)
テニス選手
4大大会シングルス7勝。史上10人目の生涯グランドスラム達成。「妖精」と呼ばれる。



<一白水星> ▲ 重箱の隅を突くと大局を見失う。見解の相違は早めの調整が必要。
<二黒土星> △ 風評に流されると正道を見失う。ごまかしや秘密はやがてばれる。
<三碧木星> × 認識不足での決断には落とし穴。お節介や好奇心が裏目に出る日。
<四緑木星> △ 予定は見通しをつけてから着手。完遂を第一として責務を果たせ。
<五黄土星> ○ 議論よりも行動が発展向上の鍵。小事でも筋を通す姿勢に高評価。
<六白金星> ◎ 同僚との連係プレーには成果大。その場になれば何とか解決する。
<七赤金星> △ 他人を責める前にまず自分自身を反省すること。万事が調整日。
<八白土星> ◎ 目標高くても為せば成る強盛運。疑問や難問でも解決出来る暗示。
<九紫火星> △ 見解の相違あれば早めに調整を。古風なやり方のほうが喜ばれる。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
画像2: 4月19日(水) あのアスリートが生まれた日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.