●4月11日に生まれたアスリート

1933年 中西 太(ナカニシ フトシ)
プロ野球選手
西鉄で活躍。首位打者2回、本塁打王5回、打点王3回を獲得。「流線型打線」の一角を担った。

1961年 角田 信朗(カクダ ノブアキ)
空手家
PRIDE、K-1などで活躍。K-1競技統括プロデューサー、レフェリーとしても活動。

1980年 玉田 圭司(タマダ ケイジ)
サッカー選手
名古屋グランパス所属のFW。2006、2010年W杯日本代表。2006年W杯ブラジル戦で先制ゴール。

1988年 前田 健太(マエダ ケンタ)
プロ野球選手
ロサンゼルス・ドジャーズ(MLB)所属の投手。広島在籍時に最多勝・沢村賞を2回獲得。

1989年 丸 佳浩(マル ヨシヒロ)
プロ野球選手
広島東洋カープ所属。盗塁王1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞4回受賞。



<一白水星> ○ 単独より仲間と協力して実り大。手堅く処理して発展性のある日。
<二黒土星> × 派手に動いては油断が生じて凶。愚痴をこぼさず本業に励むこと。
<三碧木星> ○ 新局面に取り組んで良果を得る。物事のスタートを軽視せぬこと。
<四緑木星> × うま過ぎる話には用心すること。悩みや気苦労多く運気も低迷す。
<五黄土星> △ 外見には執着せず内実を固めよ。実力の養成に努めて運気安定す。
<六白金星> ○ 熱心な働きぶりに注目度上昇す。固定観念の打破が開運の近道に。
<七赤金星> ◎ 綿密な通信や連絡には吉事あり。勝算ある内容なら臆せずに進め。
<八白土星> △ 土台固めに専念して実力蓄えよ。現状維持を守る人には災いなし。
<九紫火星> ○ 不屈の精神を発揮して運気好転。勇気を失わない事が大切となる。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
画像2: 4月11日(火) あのアスリートが生まれた日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.