「日常の意外なところからスポーツを感じる!」をコンセプトにした、新シリーズ企画「日々スポ感」。

第1回目は、昨日3月31日(木)銀座数寄屋橋交差点にオープンした「東急プラザ銀座」にて。先日のプレス内覧会に、ゆるすぽ編集部も取材に行ってきました。

「Creative Japan ~世界は、ここから、おもしろくなる。~」という開発コンセプトの通り、空間の演出やアートワークは贅沢かつ上品。ファッション、雑貨、レストラン、カフェなど、ものすごくオシャレな空間になっていました。

画像1: アナタもぜひ横綱席へ!

最近の銀座は中国や韓国など、海外の観光客で賑わっていますが、それに伴いこの東急プラザ銀座も、外国人の買い物客を意識した、テナントを配置し、品揃えしています。

こんなオシャレな空間で、スポーツを感じることができたのは、うどん屋さんの「つるとんたん」。ご存知の方も多いと思いますが、大きな丼で出されるコシのきいたうどんで有名なあのお店です。この銀座店は、「ニューヨークと銀座 二つの都市で開業する、新しいUDONレストラン」というコンセプトで、もちろん外国人観光客を意識しています。和風モダンの店内で、上質かつ優雅にうどんをススることができるというわけです。

画像2: アナタもぜひ横綱席へ!

このお店のどこにスポーツがあるか? って、、、

なんと、こちらの個室なんです!

じゃーん!

画像3: アナタもぜひ横綱席へ!

大相撲をモチーフにしている部屋なんです。円卓を中心に、横綱、大関、関脇、小結と6席が並びます。

あああ、大相撲! なるほど、なるほど!

外人さんにはイイですね!と思いながら、写真を撮るために向こう側へ回ると、なんと「十両」の席が!

画像4: アナタもぜひ横綱席へ!

あれ、なんかヘン?だと感じていると、つるとんたんのマネージャーの方が教えてくれました。

「通常上座はこっちだから、横綱席はこっちなんですけどね。ただ、部屋に入ってすぐに、横綱って見えたほうが良いということで、横綱席は入口側に置いています」

なるほど、さすがに、入口に「十両」って書かれた椅子があっても、外国人には分からないでしょうからねえ。

また壁には、相撲の墨絵がダイナミックに掲げられています。

画像5: アナタもぜひ横綱席へ!

料理はコースとなり、うどん会席やすき焼き、しゃぶしゃぶなどがラインナップされているそうです。あなたもこんな上品で贅沢な空間で、うどん宴会をしてみてはいかがでしょうか。その場合は、絶対に幹事になることをオススメします。横綱席は入口側ですからね(笑)

画像6: アナタもぜひ横綱席へ!
画像: なんと朝4時まで営業。飲んだ後にうどんをどうぞ!

なんと朝4時まで営業。飲んだ後にうどんをどうぞ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.