★最新のスポーツ系プレスリリースをご紹介!

2017年3月6日

一般社団法人 日本サウナ・温冷浴総合研究所

3月7日「サウナの日」
日本のサウナ人口
月1回以上サウナ浴する”ミドルサウナー”は、推計1,042万人!
週1回以上サウナ浴する“ヘビーサウナー”は、推計 358万人!
日本人の5人に1人はお風呂よりサウナ好き!

3月7日「サウナの日」
日本のサウナ人口
月1回以上サウナ浴する”ミドルサウナー”は、推計1,042万人!
週1回以上サウナ浴する“ヘビーサウナー”は、推計 358万人!
日本人の5人に1人はお風呂よりサウナ好き!

※「サウナの日」とは、公益社団法人 日本サウナ・スパ協会が申請し、一般社団法人 日本記念日協会に登録された。
 いわれは、サ(3)ウナ(7)の語呂合わせによるもの。日本各地でサウナシーンを盛り上げるイベントが開催される。
※サウナ愛好家を「サウナー」と称しています。
※ 推計人口は総務省統計局「人口推計」(平成27年)による調査対象の年齢人口(8341.8万人)に調査結果の割合を乗じて算出。
※サウナ発祥の地として知られるフィンランドの人口は549万人(2016年4月末の外務省ホームページより)。


■調査背景:
一般社団法人 日本サウナ・温冷浴総合研究所(本社:東京都港区。以下、日本サウナ総研)は、2017年2月に日本全国1万人の成人男女を対象とした『サウナに関するアンケート調査』を実施しました。
(調査方法・インターネット調査 対象18~69歳の男性5,015人 女性4,985人)

■主な調査結果:
1・サウナ人口
  日本には想像以上のサウナ愛好家とサウナ浴を実践している人がいました。
  サウナ浴人口は、ロシアやフィンランドに並ぶ世界クラス!

 年に1回以上サウナに入る人(ライトサウナー): 推計2,877万人 (34.5%)
 月に1回以上サウナに入る人(ミドルサウナー): 推計1,042万人 (12.5%)
 週に1回以上サウナに入る人(ヘビーサウナー): 推計 358万人 ( 4.3%)
 サウナが好きな人 : 推計2,610万人 (31.3%)


2・サウナ/お風呂/温泉
日本人の温泉好き、暮らしの中でのお風呂好きは常識ともいえる事実ですが、サウナ(熱気浴/蒸気浴)好きはそれに対抗する軸として確固としたボリュームを持っていました。温泉浴と共に日本の蒸気浴は古い歴史を有しております。
図らずも今回は、それを裏付ける結果となりました。

※ 複数選択可能な設問の結果。
  サウナ(とても好き+やや好き) : 32.5%
  お風呂(とても好き+やや好き) : 78.6%
  温泉 (とても好き+やや好き) : 78.4%
 
  5人に一人は、お風呂よりサウナ好き。
  サウナ派 vs お風呂派
  21.8%  : 66.0%   (どちらともいえない12.2%)

3・サウナ好きの多い地域ランキング
宮崎県はサウナ好き人口比率日本一。

サウナ好き人口比率
1位 宮崎県 : 42.6%
2位 沖縄県 : 40.3%
3位 新潟県 : 37.6%
3位 群馬県 : 37.6%
5位 大阪府 : 35.9%

サウナ好き人口
1位 東京都 : 319万人
2位 大阪府 : 209万人
3位 神奈川県: 198万人
4位 埼玉県 : 160万人
5位 愛知県 : 139万人


4・サウナと風邪の因果関係
「サウナに入って風邪を引きにくくなった」と実感している人がヘビーサウナー程、多いという結果がでました。

横軸
週に1回以上  (ヘビーサウナー)
月に1回以上  (ミドルサウナー)
数カ月に1回以下(ライトサウナー)

縦軸
風邪をまったくひかなくなった。
風邪をひく回数が減った。
変わらない。
風邪をひく回数は増えた。

17.5% 40.9% 40.2% 1.4%
8.7% 30.9% 59.2% 1.2%
3.6% 8.8% 86.9% 0.8%


日本サウナ総研としては、日本におけるサウナ浴に関して、今後も定期的に調査を実施し、サウナ浴の実態とその経年推移の把握に努め、日本のサウナ浴の発展に貢献していきたいと考えております。

公式HP http://saunasoken.jp/
メール info@saunasoken.jp

WEBマガジン「サウナーズ」 http://saunners.saunasoken.jp/
サウナの魅力を様々な角度から紐解いたコンテンツを配信。

サウナ総研ツイッター(@sauna_soken)
サウナ調査員が全国のサウナ施設を訪れ、ほぼ毎日レポートをアップ!


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.