プロ野球の開幕3連戦を終えた3月30日(月)新宿・ロフトプラスワンでは、ゆるすぽ×スポヲチpresentsスペシャルトークライブ「ヤクルトファンなら聞いてみたい! 石井さん、今年のスワローズは正直どうですか?」が開催されました。

ヤクルトスワローズOB・石井一久さん、お笑い芸人・トータルテンボスさん、2010年から東京ヤクルトスワローズを描き続ける美術家・ながさわたかひろさん、人気声優・松嵜麗さんに、小島克典ゆるすぽ編集長を加えたコラボレーショントークショーです。

レポート最終回はファンの方から寄せられた質問コーナーより、メンバーが語る最も好きな応援歌、一番印象に残った外国人選手などについて語りました。是非ご一読下さい!

画像1: なぜ?? スワローズナイトがマリーンズナイトに!? 最終回

ファンの方:好きな応援歌を教えて下さい。

ながさわ:僕はね、日ハムの応援歌好きなんですよ。男女の掛け合いのやつとか。ちょっと素敵ですよね。

松嵜:私は思い入れがあって気持ちを込めちゃうのは古田さん。

小島:じゃあ石井さんお願いします。

石井:僕はロッテの今江選手。カッコいいですよね。

小島:マウンドいて口ずさんだりするんですか?

石井:マウンドにいて投げやすい歌なんです。 (会場爆笑)

大村:どんなのでしたっけ?

石井:今江~♪ (すると会場内で大合唱)

藤田:皆なんで歌えるの?(笑)

大村:俺も藤田がいつも歌うから、ロッテの応援歌を覚えちゃうんですよ。

小島:そういうコンビなんですか。

藤田:僕は一番好きなのは福浦ですね。 (再び会場内で大合唱)

藤田:だから、なんで歌えるの?(笑) それか西武の時の秋山さん。

大村:応援歌になるとロッテが強いですね。

小島:(ファンの方に)こんな感じで宜しいでしょうか? ちなみに好きな応援歌は?

ファンの方:荻野貴司!

会場:ああああぁ。

藤田:荻野はカッコいいね。 (再び会場内で大合唱)

藤田:あと岡田もカッコいいんだよね。

大村:全員カッコいいんじゃん。

小島:スワローズナイトがマリーンズナイトになっちゃいそうですけど(笑)

 
 
別のファンの方:一番記憶に残っている外国人選手は?

小島:ボビー・ローズです。オールスター前に100打点だからね。

藤田:印象・・・ホーナーですかね。衝撃でしたよね。バリバリのメジャーリーガーで一度も(マイナーに)落ちていないまま日本に来たのが歴代で5、6人しかいないんですよね。

大村:やっぱりクロマティですね。僕は。4割打者も夢じゃなかった。チューインガムのイメージもありますし、愛されてるのにクロマティ高校という漫画が出ると“ふざけんな”みたいな言ってくる器の小ささ(笑)

石井:一番印象に残ってるのは2000年くらいにヤクルトに来たアンソニーっていう左バッター。

藤田:記憶にないんですけど。

石井:記憶にないくらいの選手なんですけど、最初の試合で3-2になって結構いいフォークボールをピタッと止まって見送ってフォアボールになったんで、“すげー、ボール球見れるんだ”って思ったら、その後全然でただ待ってるだけだった(笑)

小島:そんなところを見てるんですね。

松嵜:私はホージー選手。ファンになりたてで分からない頃だったんですけど、ニュース観てても楽しませてくれる姿が印象に残ってます。

小島:石井さん、ホージーはどんな選手でした?

石井:いい選手でしたよ(棒読み)

大村:こりゃ、そうでもないな。

石井:でも凄い打ちましたよね?

大村:松井選手がホームラン王獲れるか獲れないかっていう時にホージーが獲っちゃった。

小島:そのKYっぷりも凄いですね。

ながさわ:俺はガイエルだね。俺は2010年からヤクルト入りを表明したんですけど、2010年ってガイエルはそんなに活躍しなかったんですけど、やたら人気があった。それを探るところから俺のヤクルト愛は始まった。

画像2: なぜ?? スワローズナイトがマリーンズナイトに!? 最終回

小島:では最後の質問へ。

別のファンの方:一番印象に残った勝利を。

石井:そんな勝った負けたでアレってことはないんですけど。やっぱり優勝を決める試合は、その日を皆目標にしてやっているんで、そこはなかなか経験できないことですよね。3回くらいまでリードしていると徐々にソックスを履き出すんです。で、5回くらいになると下を履かずにユニフォームを着てソワソワする(笑)

小島:あがりのピッチャーのことですね。25人のベンチ入り以外の2~3人だったり、その日のために呼ばれる選手がいたりするんですよね。

石井:でも1軍に呼ばれる選手は7回くらいにゾロゾロって来るんですよ。で、優勝って今までにない皆の最大の笑顔が見れるんです。それは嬉しいですよね。無表情の土橋さんも喜ぶ(笑)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.