横浜ビー・コルセアーズ連載第2弾、これまでの記事はこちら↓
第1回 ラスト1.7秒のブザービーター!横浜ビー・コルセアーズが天皇杯王者から奪い取った劇的過ぎる勝利!
第2回 劇的なブザービーターでビーコルを歓喜に導いた、エース川村卓也のストーリー
第3回 特大フラワーアートイベントと横浜ビー・コルセアーズを地域のみんなで作り上げよう!
第4回 いつも笑顔で、上品に。横浜ビー・コルセアーズチアリーダーズB-ROSEのノーブルな魅力!

これが『バスケベ!GO』だ!

こんにちは! 激カメ大亀です! バスケットボールはもちろんのこと、様々な趣向を凝らした工夫と演出でエンターテインメント性を打ち出している横浜ビー・コルセアーズ(ビーコル)。

イケメン選手が多いのもこのチームの特色ですが、そのビーコルが、AR技術を使った『バスケベ!GO』という異色のゲームアプリを提供しています。Bリーグ横浜ビー・コルセアーズレポート連載第2弾、今回はその『バスケベ!GO』をやってみたレポートです!

『バスケベ』と聞いて皆さんはどんな想像をするでしょうか? まずはこのビーコルが作ったイメージポスターをみてください。

マッスル全開の選手たちがポーズをキメたセクシー過ぎるイケメンワールド! いや~ビーコル、振り切れてるなぁ~。選手たちもその気になっているのが、またいいですね~。

画像: これがバスケべだ!(画像提供:横浜ビー・コルセアーズ)

これがバスケべだ!(画像提供:横浜ビー・コルセアーズ)

『誰よりもバスケを愛し、一途にボールを追いかけ続け、どこよりもセクシーなバスケットボールを魅せる、海賊という名のバスケチーム“横浜ビー・コルセアーズ”の選手たち』それが『バスケべ』の定義です。

「今まで、選手を脱がせたり、セクシー路線はやってこなかったんですが、『あれ? ビーコルがヘンなことやってるぞ』くらいに思ってくれたらいいなと、思い切ってやってみたんです。そしたら、ウケがとても良くて(笑)」と、ビーコル広報・石合未夏さん。

この大胆なイメージポスターを元に作られたのが、ビーコルが贈る噂の無料ARゲームアプリ『バスケベ!GO』なんですが、その正体は、仮想現実を使ってあなたもビーコルのイケメン選手たちと会える! 2ショット写真を写せる! といった夢と妄想たっぷりのゲームアプリだったのです。

このアプリは今のところiPhoneのiOS版だけで、残念ながらandoroid版はないのですが、AppStoreから無料でダウンロードすることが出来ます。

ダウンロードはこちらから→ AppStore『バスケベ!GO』

早速ダウンロードして、ビーコルのホームアリーナ横浜国際プールの周りでやってみました。アプリを開くと、セクシーなバスケべたちが眩しい、イカしたトップページが出て、魅惑のバスケべワールドに誘います。そして画面下の『MAP』をタップすると周囲の地図が表示されて、無数のバスケットボールが出現! そう、このバスケットボールの数だけ、バスケべたちが潜んでいるんです!

(アプリ内画像より)

水色の円の中の一番近くにあるバスケットボールをドキドキしながらタップすると、iPhoneの内蔵カメラに映し出された周囲の映像と、何やら矢印が!

その矢印に向かってiPhoneを上に上げてみると…。

おおーっ! #7 堀川竜一選手が立っていました! そして丸いボタンをタップしてカシャリ! 写真として保存出来ます! 写真は、Twitterや、他のSMSでシェア可能。みんなに自慢出来ますよ~。

調子に乗って、どんどん歩いて、やって行くと…。#1 川村卓也選手やないですかぁ~!

右上のカメラアイコンをタップしてセルフィーモードにすれば、バスケべがドドンッとアップに! 憧れのバスケべがあなたの横に寄り添い、ムフフな2ショット写真も写すことが出来ます! これは実際にやってみてのお楽しみ。画面を横にして写してくださいね。

イケメンの細谷選手や川村選手と2ショットが撮られるなんて…、ん~~~もう♡バ・ス・ケ・べ!これは楽しいです!

時間を忘れて、男ひとり、どんどん横浜国際プールの周りをウロウロしてしまいました(苦笑)。同じ選手でもいろいろとポーズの種類があって、お気に入りの選手の他のポーズはないのかっ!とついつい熱くなってしまいました。『バスケベ!GO』恐るべしです!

取材した日には、ビーコル女子“ビ女”たちが、選手たちと2ショットを撮り盛り上がっていた。(アプリ内画像より)

撮影した写真は、こんな感じで保存可能! バスケべたちと2ショット写真をバシバシ撮っちゃお〜!

捕獲したビーコル選手は『バスケべ!図鑑』として登録されていきます。目指せバスケべ・コンプリート!

このアプリは、スマホのGPSと、AR(Augmented Reality・拡張現実)の技術を使っているのですが、いろいろとやってみると、バスケべたちは、どうやら横浜国際プールだけではなくて、自分の職場や、学校に家、他のいろんな場所にも現れるみたいですよ。

会社の近くでやってみたら「わ〜い!山田選手や〜」。こんな感じでバスケべを手のひらにのせちゃうことも可能。

しかし、何でまたこんな楽しいアプリが出来たんだろ? ビーコルの広報、石合さんに聞いてみました。

「Bリーグの開幕前に、今までとは全然違う路線でイメージポスターを作ろうという話になりまして、その中のひとつが『バスケべ』だったんです」

選手たちがセクシーにキメている『バスケべ』のポスターは本当に衝撃的でした。他にもビーコルが作ったイメージポスターには面白くてインパクトがあるものが沢山あります。

「『バスケべ』の他にも『Bite!!』といったポスターも作りました」

『BITE!!』(画像提供:横浜ビー・コルセアーズ)

「まだ面白いのがあって、『ハイボールよりバスケットボール。生ビールより生ビーコル』なんてのもやって、居酒屋さんなどに張ってもらいました。反響も多く、好評でした」

『ハイボールよりバスケットボール。生ビールより生ビーコル』(画像提供:横浜ビー・コルセアーズ)

ホント、振り切れた発想のインパクトあるポスターばかり。これらは、Bリーグ開幕のために作られたんですが、ビーコルの皆さんがノリノリで楽しみながら作っているのが分かります。バスケットボールを知らない人でも、なんじゃこりゃ!と、自然と目を引いて興味が湧く仕掛けが出来ています。ここらへんの広告戦略はとても上手いなぁと思いました。

「いろいろやったポスター展開の中で、特に好評だったのが『バスケべ』だったんです。『バスケべ』というフレーズがウケたんですね。これを名前に使って、何かやってみたくなって、『バスケべ!GO』というゲームアプリにしてみたんです。まだまだマイナーなアプリですが、好評をいただいています」

これこそ、ファン目線に立ったエンターテインメント性にこだわるビーコルならではの大胆企画。これが無料なんですからうれしくなります。そして、このアプリには、運営側の熱い想いが込められていました。

「皆さんに、ビーコルを親しんでもらえるものを作りたかったんです。選手を身近に感じてもらって、バスケットボールだけではなくて、ビーコルを本当に楽しんでもらいたいんです。でも、ゲーム中に出てくるバスケべたちは、実は、普通なんですけどね(苦笑)」

広報さん自ら、それを言ってしまったら、あきまへんがな(苦笑)。でも、もし、あのイメージポスターまんまのセクシーなビーコル選手たちが出てきたら大変です! まさか、隠れキャラとかでの登場はあったりするんですか? かなり、見てみたいんですけど。

「(苦笑)それは今のところ予定はないんですが…。でも、全然ありえると思います。なんでもやっちゃうクラブなので(笑)」と含みを持たせてくれたので、もしかしたら、セクシーなバスケべたちが登場するかも? 『バスケべ!GO』をみんなで遊びたおして、期待しましょう!

『バスケべ!GO』は、バスケットボールを、横浜ビー・コルセアーズを、みんなに楽しんでもらいたいというビーコルの強い気持ちが込められた、親しみ溢れるエンターテインメントアプリでした。皆さんもぜひ『バスケべ!GO』をダウンロードして、横浜国際プールに行ってやってみて下さい。ビーコルが誇るバスケべたちのイケメンワールドにハマりますよ!

次回は、高島一貴選手にお話を伺ったインタビューをたっぷりとお届けします! 高島選手の波乱万丈のストーリー、どうぞお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.