プロ野球の開幕3連戦を終えた3月30日(月)、新宿・ロフトプラスワンでは、ゆるすぽ×スポヲチpresentsスペシャルトークライブ「ヤクルトファンなら聞いてみたい! 石井さん、今年のスワローズは正直どうですか?」が開催されました。

ヤクルトスワローズOB・石井一久さん、お笑い芸人・トータルテンボスさん、2010年から東京ヤクルトスワローズを描き続ける美術家・ながさわたかひろさんに人気声優・松嵜麗さんを加えたコラボレーショントークショーです。

レポート第1弾では、司会を務めた小島克典ゆるすぽ編集長とながさわさんによるオープニングトークの模様から。是非ご一読下さい!

画像1: 「実はあんまり売れてない」ながさわが早くも愚痴る ①

小島:私、ずっと野球畑で仕事してきているんですけど、横浜ベイスターズとかメジャーリーグのチームとかで働いていてスワローズとは殆ど接点がなかったんですけど、今日はスワローズナイトっていうことで生まれて初めてスワローズのユニフォームに袖を通して司会をさせて頂きます。

ながさわ:小島さん、僕も着ます。一昨日届いたんですよ。「ん、ユニフォーム!?」って思ったら・・・。

小島:あれ、これはNPBのオーセンティックじゃないですか?

ながさわ:そうなんですよ。ヤクルトのユニフォームってZETTが作ってるじゃないですか。なんとZETTの方が贈って下さったんですよ。

小島:これを着て今日はやりましょう。

ながさわ:ようやくこの日がきましたよ。今季はこれで神宮球場うろつきますから。

(小島編集長の自己紹介になり・・・)

小島:そういえば、昨日、京セラドームで阪神-中日のゲームを見た時にトム(オマリー)が居たんで、久々の再開を果たしました。ライブドアがプロ野球チームを作っていたらトムが初代監督の予定だったんですね。懐かしいですね。

ながさわ:ということは昨日はヤクルト-広島戦は観てないんですか?

小島:うん、観てない(苦笑)

ながさわ:あららら。まあ、いいですけど。

小島:もちろん、ニュース等でガッツリ観ましたよ。

ながさわ:小島さんね、後でニュースを観る、それはいいんですけど。どこも「黒田、黒田、黒田」「男気、男気、男気」って試合内容には殆ど触れていない。違う、違う。昨日、森岡が代打で出て打った1本の重要性であるとか、田中が見せたヘッドスライディングによるセーフ。そういう一本一本をどれだけフォローできるかが僕の仕事なんです。

小島:いいですね。

ながさわ:ぶっちゃけ黒田をでっかく描こうと思いましたけどね。でも、森岡の顔が浮かんできました。

小島:今年は143試合+クライマックス+日本シリーズ描いてくださいね。楽しみにしてます。

ながさわ:まだちょっとダメなんですよね。ナイターを見て、絵を仕上げて、翌日のナイターに向かうという1日のリズムが、開幕直後なんでまだ戻ってない感じです。

小島:ながさわさん、ヤクルトファンのキャリアは?

ながさわ:2009年からなんですよ。その前は楽天だったんで。

小島:一場投手の移籍がきっかけなんですよね?

ながさわ:そうなんです。2009年までは楽天の絵を描いてたんですけど、2010年からヤクルト行こうと思ったんですね。

小島:過去6年一番印象に残ってる試合はなんですか?

ながさわ:去年の最終戦ですけど。うん。まあ。やっぱり最後、飯原のプレーもありましたけど、小川監督にああいう言葉を語らせてしまったという、その責任は誰にあるのか。我々一人一人にあるんじゃないかっていうのがあって、俺も辞めてやるとも思いましたけど――、やると。

小島:ってことで(アッサリ)。ながさわさんの昨年一年間のイラストが一冊の本になりました。「プロ野球画報」です。

画像2: 「実はあんまり売れてない」ながさわが早くも愚痴る ①

ながさわ:ただ、実はあんまり売れてなくて。今年一年描くわけですけど、確実に去年よりも内容良くなってきますから。だけど、去年の分が売れないと今年のも出版されない。是非一冊と言わず、二冊三冊と・・・。

小島:そんないらないでしょ(笑)。とにかく今日は宜しくお願い致します。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.