3月22日(火)、新宿・ロフトプラスワンでは、関東で広島東洋カープを応援するファンのためのトークイベント『ゆるすぽpresents プロ野球スペシャルトークライブ「今年こそ恋をつかみたい!長年の片想いを成就させたい、関東のカープファンあつまれー!」』が開催されました。

イベントレポート第4弾は、スペシャルゲストの小田幸平さんを交えたトークをお送りします。

画像: 小田さんと赤松選手の共通点とは/イベントレポ④

尾関:今日はスペシャルゲストがお越しくださっているということで、その方をお呼びして、再び今季のカープについて話していきたいと思います。では早速、登場していただきましょう。小田幸平さんです、どうぞ!

(小田さん登場)

尾関:小田さん、よろしくお願いします!

小田:カープのOBじゃないのに、ここに来てしまい、なんかすいません。でも、来たくて来たくてたまらなかったんです。

ゴッホ:嬉しいですねー!

尾関:ありがとうございます。こんなに低姿勢な良い方とは…。

小田:じゃあ、今からぶっこんでいきましょうか?

尾関:いやいや、急に怖いです!

一同:(笑)

尾関:小田さんは巨人、中日とセ・リーグの球団を渡り歩いてきたということで、当時の相手チームから見たカープのお話などもこれから聞いていきたいところですが…

(小田さんの飲み物が運ばれてくる)

尾関:じゃあ、先にもう一度乾杯をしましょうか。

小田:そうですね。えー、みなさん、今日はお足元の悪い中…

尾関:いや、今日は晴れてましたよ!

麻生:めちゃめちゃ良い天気でしたよ!(笑)

小田:では、カープに乾杯!

(かんぱーい!)

小田:前半の方を控室で聞いていたのですが、とても良い会ですね。えー、僕、お好み焼きともみじ饅頭が大好きです!

尾関:急にカープの肩を持つような発言を(笑)

麻生:服装も赤のチェックですからね!

尾関:しかも、ちょこっとジャイアンツカラーも混ざっていて気を遣っている感じがいいですね(笑)

小田:バレちゃいましたか(笑)

尾関:それでは、小田さんの経歴を見ていきたいんですが、今回は“ゆるすぽ相談役”ということで、このイベントを開催している「ゆるすぽ」のお手伝いをしていらっしゃるそうですが、これはいつからやられているんですか?

小田:引退してからすぐですね。

尾関:1977年3月15日生まれということで。

小田:そうなんです。先週、誕生日でした。来年はプレゼントをお待ちしています!

尾関:今年はなくてすいません(笑)あ、柿ピーをどうぞ。

(テーブルに置いてあった柿ピーを渡す)

小田:おっ、ピーナッツ少なめですね。

麻生:ピーナッツは苦手なんですか?

小田:いや、大丈夫です。ちなみに、甲殻類アレルギーでもありません!

ゴッホ:さっきの西川選手の話、聞いてたんですね(笑)

尾関:77年生まれということは、新井さんと同い年ですよね?

小田:はい、あとは横山竜士とか、森笠とかも。

尾関:おー、本当ですか!

小田:嘘ついても仕方ないでしょう(笑)

尾関:(笑)

うえむら:今でもお会いするんですか?

小田:はい、仲良しですね。あっ、はじめまして。

うえむら:はじめまして(笑)

尾関:また、この度は書籍をお出ししたということですが…

小田:いきなり、こんなところで本の話をしちゃっていいんですか?!

尾関:後ろにもガッツリと表紙の写真が映っております!(笑)

小田:じゃあ、1分だけください。『心を軽くする超戦略的「人間関係」論 万年補欠の僕が17年間生き残れたワケ』という本を出版しました。仕事に行っていて、上司に嫌になったとか。会社に行くのが不安な新入社員の方も、これを読んでいただければ、解消できます。

尾関:前向きになれるんですね!

小田:はい、僕はプロ野球生活17年間、ずっと補欠として過ごしてきたんですが、これがあったからこそ生き残ることができたよ、という。

麻生:じゃあ、会社員の方は日曜日にこれを読めば、月曜日に会社に行きたくなると!

小田:はい、まぁ月曜日は野球が休みなんですがね。

尾関:野球選手はそうですけど(笑)

うえむら:現役時代にどのような心境で過ごしていたかが書かれているんですね!

小田:現役時代のエピソードもたくさん書いています!

尾関:では、ぜひ悩んでいる会社員の方はお買い求めください。後ほど小田さんがサインしてくださるそうですよ!

小田:領収書以外にはサインします!

尾関:のっけから、小田さん節が炸裂しております(笑)さて、プロフィールの方に戻りますが、1997年にドラフト4位で巨人に入団。その後、2005年に中日に移籍。そして、昨年1月に引退表明と。

小田:まず、僕が中日に移籍したのは、野口茂樹さんの人的補償としてだったんです。人的補償選手として9年間やらせていただいて、これはプロで一番長いんですが、今、赤松が人的補償でカープに移籍してきてから9年目。来年もいたら、僕の記録を塗り替えるんですよ。

尾関:おー、そうなんですね!

小田:同じ人的補償選手として頑張って欲しいですね。

<続く>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.