★最新のスポーツ系プレスリリースをご紹介!

2017/02/24

ビーズ株式会社

目指したのは究極の2ルームテント。
10人就寝も、「チーカマ」スタイルもできる「カマボコテント2」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」は2017年3月1日より、快適性を向上し究極の2ルームテントを目指した「カマボコテント2」の予約販売を開始します。

カマボコテントとは
 「カマボコテント」は、その名の通りカマボコのような形をした大型テントです。 大人10人が食卓を囲んでゆったりくつろげる広いリビングスペースと、大人5人が就寝可能な寝室が一つになっており、本製品一つで一般的な就寝用のテントと日除け用のタープの役割を果たします。 天井高190センチメートルと立って歩けるゆとりを持ちながらも、日本のキャンプ場に多い8~10メートル四方の区画に合わせて使いやすいサイズで設計しました。 大人数や複数世帯でのファミリー・グループキャンプで活躍します。
 2016年の発売後一躍人気となり、同ブランドの年間トップセールスを記録しました。 この度、ブランドの新しい「顔」ともいえる本製品を、改良しリリースします。

「カマボコテント『2』」のリリースに向けて
 2016年モデルからの改良にあたり、目指したのは居住性・通気性の向上とオプションパーツの充実です。アウターテントについては、75デニールから150デニールへとテント生地の厚みをアップさせ、遮光性や耐久性を大幅に向上。 窓やベンチレーターのサイズ・構造を改善することで、雨天の場合でも雨の侵入を防ぎながら風を通すことができるようになりました。 インナーテントにおいても、入口や窓の構造・素材を見直し、空気の通りがよくなるよう再設計しています。
 追加でインナーテントを購入し吊り下げれば、最大10人程度が就寝可能になります。 また、「カマボコテント2」に接続して張ることができる「チーズタープ」も近日発売予定。 濃い日陰を作ることができ、結露も軽減できるT/C生地採用のタープとの併用で、更に快適に過ごせる「チーカマ」スタイルを実現できます。

予約方法
 「カマボコテント2」は2017年3月1日から7日まで日本橋三越本店(東京都中央区)で開催されるイベント「Hajimarino Festival」の期間限定ショップに展示、予約を承ります。
URL:http://www.doppelganger-sports.jp/news/event/hajimarinofestival/

製品概要
【ブランド】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】カマボコテント2
【型番:カラー】T5-489:ベージュ×オレンジ
【サイズ】組立時(外寸):(約)W3000×D6400×H1950mm
     収納時:(約)W680×D320×H320mm
【重量】(約)16.9kg
【材質】アウターテント:150Dポリエステル(防炎&UVカット加工済み)
    フロア:210Dポリエステル、フレーム:アルミニウム(AL7001)
【最低耐水圧】アウターテント:5000mm、フロア:5000mm
【付属品】ペグ、ロープ、キャリーバッグ、取扱説明書
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:48,000円)
【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/t5_489/


快適性を向上し究極の2ルームテントを目指した「カマボコテント2」。

製品の全容画像。

その名の通り、カマボコをイメージしたデザインになっています。

リビングスペースでは大人10人が食卓を囲めるので、ファミリー・グループキャンプに最適です。

【イメージ画像-1】

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様。

「チーズタープ」と連結すれば、濃い日陰を作りだせます。

インナーテントの前面を全てメッシュにでき、背面の足元にもメッシュ窓を配置しています。

【イメージ画像-3】

テント生地の厚みを150Dにアップさせ、遮光性と耐久性を高めました。

雨を防ぎ、風だけ通す構造を持つバックウィンドウ。

大型のベンチレーターをトンネルテント構造の4隅に配置しました。

【イメージ画像-4】

2つめのインナーテント(別売り)を付ければ、最大10人が就寝可能です。

強度が高く、夜間でも目立つ蓄光ネイルペグが付属しています。

コンプレッション機能付きの専用コンプレッションバッグを付属。

【イメージ画像-5】

荒天時に備え、耐水圧5000mmの生地を採用。

スカートが強風でバタつくのを防止するため、端部分にグロメット穴を設けました。

【イメージ画像-6】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.