昨夏インタビューしたウルトラマラソンの原公輔選手に、その後を取材しました。

▼以前取材した記事
ウルトラマラソン原公輔選手/スポヲチレポ①
日本を横断!? 東京―新潟を走破!/スポヲチレポ②
カレーを飲んで走るアスリート/スポヲチレポ③

画像1: 去年はモチベーションが全く上がらなかった…/ウルトラマラソン原公輔

昨年のインタビューでは、年末の神宮外苑24時間マラソン(日本選手権)で上位に入賞し、日本代表に選ばれるのが目標だと語っていた原選手。

このレースは神宮外苑1周1325mのコースを24時間延々と走り、その総距離で順位が決まる耐久レース。1周して戻ってきたら、水分や食事などの栄養補給をしたり、休憩したり、あるいは寝ても良いというルールになっています。


で、結果はどうだったのでしょうか。

「結果は(総距離)148kmで、75位くらいだったかと…」

昨夏に取材したときは、非常にバイタリティのある選手だと感じていたのに…。正直意外な結果でした。

「途中、モチベーションが上がらず、4時間ほど寝ました…」

ちなみに優勝者の総距離は263.127kmで、この記録は2016年世界ランキング1位だそうです。1km換算5分30秒、しかも休憩も含まれるというから、ものすごいペースです! 原選手も2年前には204kmを走り、20位だったといいます。この大会で上位5位ぐらいに入ると、世界選手権に出場できるということで、原選手もそこを目指したわけですが…、無念の結果に。

原選手曰く、「大好きな酒も、レース前5日間禁酒したんです。でも、やっぱり練習量が少なかったですね…」と。

昨年全体の活動状況について聞いてみると、「去年はモチベーションが全く上がらなかった…」と。自身のブログにも、昨年末にこう綴っていました。
 

―――――
今年1年は何が何でも神宮でいい走りをしてやる!という気がなぜか起こらなかった。
1年間で練習含めて最も走ったのが、途中でリタイアした雁坂峠越えの90kmほど。
今年はムリせず走りを楽しもうと思い、過ごしてきた。
やっぱり走るのは楽しいし、友達も増える。
とってもよい1年だったけどやっぱり物足りない。

結果云々ではなく、「世界一になる!」と強い意気込みで走っていた2013年は走り始めということもあり、結果がバンバンでた。
しかしダメージが蓄積されたのか、走り方なのかケガで思うように走れなかった2014年。
裸足を取り入れ、糖質制限も含め試行錯誤の年だった2015年。この年はハーフで自己ベストが出た。
そして、結果を出すことにモチベーションがあがらなかった今年、自己ベストは一つも出なかった。
当然といえば当然。

もう休憩はおしまい。
―――――


そんな原選手ですが、今年は新年から気持ちを切り替え、練習しているそうです。

「昨年は休みの年だったので。今年に入ってからは練習量も増やしています。それに、フォームの改善もやっています。上半身を上手に使うように意識して」と、そのフォームを見せてくれました。脚だけで走ると脚に負担がかかるので、上半身の両側筋を交互に上下に動かすようにして、その動力で脚が前に出るように繋げるとのこと。その格好は、競歩の選手の上半身の使い方のよう。どうやら、四足動物が前脚と後脚を使って走るような同様の理論だそうです。

あるスイムフォームコンサルタントが言っていましたが、「美しいフォームで泳げていれば水の抵抗を減らすことができるので、楽に、速く泳げるようになる。なので、まずは美しいフォームづくりを目指していくことが大事になる」と。マラソンも同様なのでしょう。上半身を使うことで、脚の負担を軽減し、ラクに走れる。ラクに走れると、長く、速く走れる。そうすると自己ベストも出て、モチベーションも上がる、というようです。

そして、彼を応援するスポンサーの存在も、モチベーションになっているようです。原選手は、前回も紹介したもうやんカレーの専属ランナーになっています。これがその名刺です。

画像2: 去年はモチベーションが全く上がらなかった…/ウルトラマラソン原公輔

 
年が明けてからは、距離の短い駅伝に裸足で参加したりと、この後のレースに準備していたそうです。レーススケジュールを聞いてみました。

2月19日 高知龍馬マラソン(フル)
3月12日 淀川寛平マラソン(フル)
4月16日 かすみがうらマラソン(フル、裸足)
5月 タイミッドナイトマラソン(フル)

2、3、4、5月と、毎月フルマラソンを走るという、なんというモチベーションでしょうか!? 昨年のモチベーションとは全く違います。中でも、5月にタイで行われるミッドナイトマラソンが楽しみだと言います。実は原選手、よしもとのふるさとアスリートに登録されており、よしもとから出場依頼があったそうで、「タイの街の中を走るんです!」と嬉しそうに話してくれました。


原選手はプロのランナーではなく、製薬会社の営業職MRをしながらのサラリーマンランナーです。MRは厳しい職種、かつ、時間が不規則な仕事のため、なかなか練習時間が取れないと想像できます。しかし本人は、涼しい顔で練習時間は取れていると。35歳になる原選手の今年のレースが楽しみです。

 
取材の数日後、今週末2月19日に行われる高知龍馬マラソンへの意気込みを聞いてみました。

「フォームの改造をして、一昨日駅伝で5.7kmを走ってきたんですけど、そのとき結構いい感じで。以前と同じタイムにも関わらず、かなり楽に走れました」

それは、体に掛かる負担が軽くなったってことですか?

「そうですね。走ってる最中の苦しさが、全然違います。自己ベスト(2時間41分50秒)に近いタイムで走れるんじゃないかなって思っています!」

フォーム改造して初めて臨むレースに対して、そう、楽しそうに答えてくれました。

ところが飛行機のチケットが取れず、なんと金曜夜に出発する夜行バスで、約半日かけて高知まで行くんです、と。そ、そんな逆境でも、「全然ツラくないですよ。前に夜行バスで行ったとき、調子良かったですから」。なんというバイタリティ!

そしてこう続けました。

「レースもですけど、終わった後の飲み会が楽しみなんですよね! 走っていると全国に友達ができて、輪が広がるんです。今回もみんなで飲むのがすっごく楽しみです!」

これも一つのモチベーションなのでしょう(笑)。原選手の結果を、楽しみに待ちたいと思います。

画像: 走っていると友達が増えるという。

走っていると友達が増えるという。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.