千葉ロッテマリーンズ春季キャンプ、第2クールの二日目(2/8)、この日の石垣島は朝から快晴!
…と思いきや、のち曇り、ときどき雨、そしてまた晴れ。
上着を脱いだり、また着たり、一時的に傘も必要だったりで、なかなか安定しない空模様でした。
とは言え、練習は屋外でバッチリ!
早速リポートします。

早出特打は、吉田裕太捕手、ルーキーの宗接唯人(むねつぐゆいと)捕手、肘井竜蔵外野手の3人。

画像: 快音が響いてます!

快音が響いてます!

メイン球場、三塁側出入口には選手の入り待ちをしている人もチラホラ。

画像: 選手が乗るバスが到着!

選手が乗るバスが到着!

新人恒例、朝の声出しは、早出特打をしていた宗接捕手でした。

画像1: プロ野球・春季キャンプ in 石垣島 その4

「田口さんに一生ついていきま〜す!」と宗接捕手。

「愛してるよ〜」と田口バッテリーコーチ。

というわけで田口コーチ、ウォーミングアップの体幹トレーニングから宗接捕手に熱血指導!

画像: 「もっとケツを締めろォ〜!」

「もっとケツを締めろォ〜!」

午後になっても、熱血…

画像2: プロ野球・春季キャンプ in 石垣島 その4

指導!

画像3: プロ野球・春季キャンプ in 石垣島 その4

熱血…

画像: ステップしてからの…

ステップしてからの…

指導!

画像: ランダンプレー!

ランダンプレー!

が続きました。。

投内連携

この日の投内連携、ピッチャーはマリーンズが誇るリリーフ5人衆!

画像: 左から益田投手、内投手、南投手、大谷投手、松永投手

左から益田投手、内投手、南投手、大谷投手、松永投手

ファーストは、井上晴哉選手と髙濱卓也選手が、

画像1: 投内連携

サードは、大嶺翔太選手とマット・ダフィー選手が、交互に守ります。

画像2: 投内連携

セカンド、ショート共に前日と同じ顔ぶれ。
誰がレギュラーを穫るのか、熾烈な争いが繰り広げられていきそうです。楽しみ!


午後、サブグラウンドでは、南投手の替わりに田中靖洋投手が加わって守備練習。

画像3: 投内連携

で、南投手はと言うと向かい側、若手5人組でノックを受けます。

画像: 左から、ルーキーの有吉投手と土肥投手、宮﨑投手、南投手、高野投手

左から、ルーキーの有吉投手と土肥投手、宮﨑投手、南投手、高野投手

昨日同様、誰かがエラーすれば連帯責任。残る4人がその場で数十回ジャンプ!

画像4: 投内連携

…そうか、キャンプの神髄は反復練習にあり!
毎日、同じメニューを繰り返して体に覚え込ませていく。
その先に待つもの、それが… 優勝!

今年のスローガン「翔破 限界を超えろ!」ということですね。
ワタクシ、そう理解しました。
2017年は限界に挑むシーズン。
自分もまた、今シーズン頑張らなきゃだ!
今回、石垣島を訪れた甲斐がありました。

キャンプリーポートは明日が最後、球場周辺をご紹介します!

※この記事は「ゆるすぽアンバサダー」が作成した記事です。記事内の権利関係等の責任は筆者に属します。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.