ラグビーに全てを奪われた。

大好きだった某AMのお昼のラジオを聞く時間も、戦国武将を調略しては国取り合戦をする時間も、全てラグビーを見る時間に奪われた。さようなら、僕の愛するものたち。もうラグビーしか見えないよ。

取り乱しました、どうもこんにちはケイタローです。

#01、02を書いたのは実は結構前で、あれから日本のラグビーもだいぶ進化を遂げました。

●前回までの記事
#01「南アフリカ戦がくれたもの」
#02「ラグビー“生”観戦のススメ」

11月に4つのテストマッチが行われ、新生ジェイミー・ジョセフ・ジャパン(通称JJJ)の船出ともいうべき試合が秩父宮ラグビー場で開催されました。私も子ども2人を連れてもちろん応援に行きました。

11月5日に対戦したアルゼンチンは、前回のワールドカップでベスト4の強豪で、この試合のちょっと前までは南半球の4カ国(ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ・アルゼンチン)でガチンコ勝負をやってて、チームの準備も万端で、見事に新生JJJを粉々に粉砕していきました。(結果は20対54の大差で敗北)

うちの息子に至っては、「ぼくアルゼンチンおうえんするー」とかいう始末で、「俺の小遣いからてめーに買ってやったその赤白の桜のジャージを今すぐ返せ!」と言いかけましたが、30過ぎた大人なのでやめときました。

「お高いんでしょう?」~観戦チケットについて~

さて、チケット「お高いんでしょう?」ですが、全然そんなことありません。全国で開催されるトップリーグの当日券で、自由席2000円です。自由席と言ってもほぼどこのスタジアムも8割方自由席なので、端っこで見づらいなんてことはありません。僕がよくいる秩父宮ラグビー場のバックスタンドでは、選手を間近で見られる席も、たったの2000円。

さてこの2000円ですが、いろんな手法でかなり安くなります。

まず、前日までに前売り券を買えば1800円。もしくは、例えば我がリコーブラックラムズのファンクラブ(年会費たったの1000円から)に入ると、リコーの当日券が1000円で買えます。全てのチームがファンクラブを持っており、入会するとほぼチケットに関する特典が付いてきます。

何度か会場に足を運んで、「もうラグビーなしでは生きてはいけない!」とまでに成長したら、一番のオススメは日本ラグビー協会のメンバー会員になること。協会の回し者ではありませんが、これが一番素敵です。

入会金1000円、年会費3500円で、チケットの無料券が2枚付いてきます。これですでに元が取れる上に、それ以外にも「優先入場」という制度があり、トップリーグおよび日本代表戦で優先的に入場できるという、優越感に浸りながら行列を追い越して入場できる会員証がもらえます。

画像: 「お高いんでしょう?」~観戦チケットについて~

ラグビー協会のパスを持つころにはもうすっかりこちら側の人間です。毎日選手やファン仲間のツイッターやインスタを眺めてはニヤニヤし、週末のスケジュールがラグビー中心で決まる「ラグビー依存症」を発症してます。お大事に、そしておめでとう!

禁断症状が出る前に、ぜひスタジアムで会いましょう!

次回、「素敵すぎるぜ、選手たちのファンサービス」の巻。

<続く>

※この記事は「ゆるすぽアンバサダー」が作成した記事です。記事内の権利関係等の責任は筆者に属します。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.