●2月19日に生まれたアスリート

1950年 貴ノ花 利彰(タカノハナ トシアキ)
大相撲力士
元大関。幕内優勝2回。2005年逝去。長男は第66代横綱若乃花、次男は第65代横綱貴乃花。

1972年 河口 正史(カワグチ マサフミ)
アメリカンフットボール選手
立命館大学で甲子園ボウル優勝。卒業後NFLヨーロッパに参戦したが、NFL入団はならず。

1974年 森 且行(モリ カツユキ)
オートレーサー
1996年5月までSMAPのメンバーとして活動後、オートレーサーに転身。GI2勝。

1983年 琴欧洲 勝紀(コトオウシュウ カツノリ)
大相撲力士
元大関。ブルガリア出身。2008年夏場所で欧州出身力士初の幕内優勝を遂げる。



<一白水星> ◎ 交流を広くして吉事が舞い込む。頭をフル回転して好結果を得る。
<二黒土星> △ 周囲には過大な期待をせぬこと。過剰なおしゃべりはボロが出る。
<三碧木星> ◎ 首尾一貫した姿勢が吉と出る日。手応えなくても慌てず努力せよ。
<四緑木星> ○ 人を喜ばせて自他共に発展する。聞き上手が人の心をつかむコツ。
<五黄土星> ▲ 高慢な考えから処置を誤る暗示。何事にも念には念を入れて対応。
<六白金星> ○ 選択に迷ったら直感を信じて吉。先人の教えに学ぶ事が多い好日。
<七赤金星> × 些細な事で気分が落ち込みがち。世間体に捉われて身動き取れず。
<八白土星> × 見込み違いや早合点に注意せよ。行き詰まったら無理して進むな。
<九紫火星> ○ 斬新な発想が好展開を生み出す。予備知識もって動けば収穫あり。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.