12月25日(日)~29日(木)に開催される全日本少年サッカー大会に、熊本県代表として参戦する「ソレッソ熊本」。2002年にたったの7名からスタートし、今では総勢300名を抱えるまでに成長し、県大会で優勝常連チームとなりました。

●前回までの記事
がまだせくまもと#40『チビリンピック全国3位の「ソレッソ熊本」、今度は全日本少年サッカー大会へ挑む!!』
がまだせくまもと#41『先輩の子どもにサッカーを教えたら…、今や300名のクラブに!?』

クラブの代表であり、U-12チームの監督でもある広川靖二さんにお話を聞くと、ソレッソはプレースタイルに関して言えば特に特徴はなく、『よくあるファミレス』のようなクラブだと言います。

ですが、サッカーに全力で取り組むことや、仲間の中で成長することをとても大切にしていらっしゃる広川さん。その指導理念の原点は、どこにあったのでしょうか。

画像1: 原点は『悔しさ』 「子どもたちには全力で取り組むことを大切にしてほしい」―ソレッソ熊本―/がまだせくまもと!#42

「僕は高校時代、試合に出られなかったんです。部内の競争に負けて。だから、原点と言えば『悔しさ』でしかないです。

でも、練習は一回も休まなかった。だから、うまいけど頑張らないやつは嫌いです。もしうちのクラブにそんな子がいたら、それは許しません」

画像2: 原点は『悔しさ』 「子どもたちには全力で取り組むことを大切にしてほしい」―ソレッソ熊本―/がまだせくまもと!#42

そうして高校時代は部活を頑張り通すも、大学に進学すると、一時サッカーからは離れてしまったそうです。サッカーとは全く関係のないサークルに入った広川さんですが、そこで、仲間とどう付き合っていくか、どうしたらみんながまとまるのかを学んだそうです。

「たくさん酒も飲んだし最低な4年間でしたけど(笑)、今思うと本当に貴重な時間でした。大学時代にできた何百という人脈も財産になりました。

高校・大学時代の経験があったから、サッカーがうまければ偉いというのは違うと思うようになったし、サッカー人生が終われば全て終わりというのも違うと思う。だから子どもたちには、うまいかどうかよりも全力で取り組むことを大切にしてほしいし、仲間の中でいろんなことを感じて成長していってほしい。余計なことを言って仲間の中で気まずい思いをしたり、ちょっと浮いちゃったり、いろんな経験をしたらいいと思う。

サッカーのようなチームスポーツをやると、いろんなことを感じ取れるチャンスがいっぱいあると思うんです。人間関係とか、相手の気持ちを考えるとか、誰かのためにという心の部分は、一生必要なものだと思います。チームスポーツでは、もし自分が駄目でも誰かがその分をカバーしてくれたり、誰かが駄目だったら自分がその分頑張ったり。そうして最後にみんなで達成感を共有できるのは、最大の魅力だと思います」

画像3: 原点は『悔しさ』 「子どもたちには全力で取り組むことを大切にしてほしい」―ソレッソ熊本―/がまだせくまもと!#42

子どもたちに“日本一”の達成感を味わわせてあげたい、という広川さん。12月25日(日)に開幕する全日本少年サッカー大会でも、子どもたちの笑顔がたくさん見られるといいですね!

そういえば、チーム名である「ソレッソ」は、イタリア語で「笑顔」という意味なのだそうです。その由来も、高校時代にあるとのこと。

「チーム名って大体強そうな名前にすることが多いと思うんですけどね(笑)。『笑顔』という意味にしたのは、僕の高校時代の恩師が、『笑顔がないやつはグラウンドから去れ』ってよく言ってたからです。練習はめちゃくちゃきつかったので、『そんなんで笑えるか!』って感じでしたけど(笑)。先生は、厳しいながらも楽しくやらないとうまくなるのもならない、という考えだったようです」

広川さんにとっては挫折の時期であった高校時代。そこでお世話になった恩師とは、今でも付き合いがあるそうです。恩師から声を掛けられ、今、広川さんをはじめソレッソ熊本が関わっているという「ひとづくりくまもとネット」。そしてもう一つ、広川さんが力を注いでいるという「熊本から世界へプロジェクト」について、次回はお届けしようと思います!

<続く>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.