三度の飯より野球が大好き! 山本祐香です。

2016年11月5日。

清々しい秋晴れのこの日、明治神宮野球場(以下、神宮球場)で、ある特別な試合が行われました。

明治神宮外苑創建90年記念奉納試合
「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

画像1: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

この特別な一日を全6回の連載で振り返ります。
前回の記事はこちら↓

13:00。いよいよ試合が始まります。今回の選抜メンバーはこちらです。

画像2: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」
画像3: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」
画像4: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

そして、観戦のお供には…

画像5: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」
画像6: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

この日、来場者全員に配られた写真付き選手紹介パンフレット。これを片手に試合を観れば、よりわかりやすいですね。それに、このようなパンフレットって、何年か後に見るととても楽しいんですよね。そうそう、こんな選手出てたー!と盛り上がります(笑)。

一塁側の東京ヤクルトが先攻、三塁側の東京六大学が後攻、9回延長戦なし、DH制というルールで試合は行われます。スターティングメンバーはこのようになりました!

画像7: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

東京六大学の先発投手は、東京ヤクルトからドラフト2位指名を受けた明治の星投手。これはもう、東京ヤクルトファンはたまりませんよね(笑)! ドラフト指名投手がこれから入団する予定のチームに挑むというこの上ないシチュエーションで、プレイボールの瞬間からスタンドのボルテージは最高潮に。いよいよ試合開始!


東京ヤクルトの先頭打者、西浦選手に対する星投手の初球は…外角いっぱいに148キロのストレート! 西浦選手はこれを見逃します! 星投手の持ち味である力のある速球に、スタンドは盛り上がります。2球目も外角いっぱいに145キロのストレートを投げ、またまた西浦選手はバットを振りません。追い込んで3球目、外角への変化球に…空振り三振! 星投手は東京ヤクルトファンも見守る前で、鮮烈なデビューを果たしました。

画像8: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

そして、星投手のもう一つのハイライトシーンが2回表、山田選手との対決でした。小藤捕手(早稲田1年)がミットを外に構え、3球連続外角にストレートを投げ込み、2ボール1ストライクとなります。さらに外に構える小藤捕手。この球が内へと入っていき山田選手がスイング、打球はファウルとなりました。2ボール2ストライクからの5球目、またまた外に構える小藤捕手。147キロのストレートはシュート回転し真ん中へと入ってしまった! 山田選手はこれを…空振り! 見事、あの山田選手を空振り三振に抑えたのです。スタンドはどよめきと歓声と拍手で大盛り上がり。まだ2回表だというのに、この試合最高! 楽しすぎ! という見ごたえ十分の展開です。

東京ヤクルトファンであると同時に大学野球ファンでもあり、もっとその魅力を伝えていきたいと思っている私にとって、こんなに面白い試合は願ってもいないチャンス。なんなら、星投手だけでなく25選手ひとりひとりの投球、打席について詳しく書いていきたい。しかし、そうなると終わりが見えなくなってしまうので、断腸の思いで短くまとめてお伝えしようと思います(笑)。

3回表、今回の選抜メンバーの投手は4年生が揃う中、唯一の2年生左腕、早稲田の小島投手が登板しました。浦和学院高校2年のときに、春のセンバツで優勝投手となった小島投手。大学でも1年生から活躍し、今年の秋季リーグでは防御率1.60で最優秀防御率も獲得! そんな小島投手はプロを相手にしても1回を1安打無失点と好投。

そして、4回表の途中からは秋季リーグで初完封もした竹内投手(早稲田4年)が登板し1回2/3を1安打無失点に、7回表はストレートが110キロ台というアンダースローの三木投手(東京4年)が登板、1回をパーフェクト。

3投手とも、それぞれの持ち味を存分に生かした投球でスタンドを沸かせていました。

この試合では、星投手の他にドラフトで指名された投手が4人登板しました。他チームに入る投手は許さん! とばかりに、その4投手のとき“だけ”東京ヤクルトの打線が火を噴くという、新しい形のプロの洗礼。

オリックス8位指名の澤田投手(立教4年)は連打を浴び0回1/3、6安打6失点。中日1位指名の柳投手(明治4年)は1回を投げ、被安打はなかったものの四球を与えてから盗塁を許し、内野ゴロと味方のエラーで1失点。西武6位指名の田村投手(立教4年)は良い投球をしているという印象はあったのですが、やはりプロ、ちょっと甘く入ると長打になり1回4安打1四球4失点。広島1位指名の加藤投手(慶應義塾4年)はストレートを多く投げ、打者もだんだんタイミングが合ってきた印象もあり、浅く守っていた外野の頭を越える2本の3塁打で1失点。

画像9: 明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 「東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズ」

今回4人合わせて12失点とはなりましたが、みんなリーグを代表する好投手ということに変わりはありません。また、5回までは早稲田の小藤捕手、6回からは慶應義塾の郡司捕手がマスクを被りました。この日初めて組んだバッテリーも多かったことでしょう。プロに入る前にこのように一軍で活躍しているプロ野球選手と対戦する機会はそうありませんから、4投手にとって糧となったことを願い、今後の活躍を期待しています!

続きはまた次回。野手の活躍、そして東京ヤクルトにある伝説が生まれます!

※この記事に使用している写真は、全て筆者が一野球ファンの目線でスマートフォンを使用して撮影しています。スタンドから撮影した写真にはネットなどが写っていますが、ご了承ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.