こんにちは、激カメ大亀です! 11月5日広島市内で行われたカープ優勝パレードとマツダスタジアムでの優勝報告会に集まった34万3千人を超すカープファンに見たカープを優勝に押し上げたファンの力。さらに11月23日にはマツダスタジアムでのカープファン感謝デーに3万8千人ものカープファンが集まり、シーズンが終わってもなお続くその熱狂ぶりに驚かされました。

カープファンの力は地元広島だけに留まらず、全国、全世界にも幅広く広がっています。特に関東でのカープファンの盛り上がりは、優勝した今季よりも遥か前から既に大きなムーブメントが起きていて、ビジターで戦うカープを熱い情熱で支えて来ました。

今回は、今季シーズン中に神宮球場で出会った熱きカープファンのお話からその関東のカープファンの熱き思い、地元広島だけではない関東カープファンの力をご紹介します。

画像: カープの得点に湧く神宮球場レフトスタンドの関東カープファン。関東のカープファンの声援は地元マツダスタジアムでの声援に勝るとも劣らない大きなパワーを生む。

カープの得点に湧く神宮球場レフトスタンドの関東カープファン。関東のカープファンの声援は地元マツダスタジアムでの声援に勝るとも劣らない大きなパワーを生む。

関東のカープファンの応援はカープの選手たちも大きく認める怒涛ともいえる熱さと情熱があります。カープの応援は、立ったり座ったりして応援歌を歌うスタイルが有名ですが、関東カープファンの情熱の強さを感じるのがこのテンポ。関東の球場でのテンポは地元マツダスタジアムよりも極端に早くて、その声援もかなり大きくなります。カープが負けていると、そのテンポはさらに高速になり、劣勢になればなるほどに早くなり、声もますます大きくなって行きます。

神宮球場や横浜スタジアムなどでは、カープ側の内外野を真っ赤に埋め尽くしたカープファンが球場の半分を制覇。ビジターであるはずなのに、時には相手チームの応援をも凌駕する圧倒的なパワーを生み、カープの選手たちはビジターでの戦いのはずなのに、さながらホームスタジアムのような雰囲気の中で大きな勇気と力を得ています。

今季の神宮球場で、そんな熱きカープファンのお二人に出会ったときのお話です。

画像: 神宮球場で出会った関東の熱きカープファン(左)みほさん(右)ゆっきーさん

神宮球場で出会った関東の熱きカープファン(左)みほさん(右)ゆっきーさん

まずは、右のゆっきーさん。広島生まれの熱きカープファンです。

ゆっきーさん:「カープは、もの心が付いたときから応援しています。カープが好きな理由? ん~なんだろ? なんとなく?(笑)。生まれが広島で、私が産まれた時には周りがみんなカープファンでした(笑)」

関東のカープファンの中には様々な理由から故郷広島を離れ、関東で生活する人も多いです。ゆっきーさんもそんなファンのひとりで、広島を離れた望郷の念から故郷広島の球団カープへの愛と思いがさらに大きくなり、あの熱さになっているんだと思います。

ゆっきーさん:「 応援しているのは、安部さん! 覇気の安部ちゃんを応援しています! 優勝出来たのは安部ちゃんの覇気のお陰です!」

画像: ゆっきーさんが応援する安部友裕選手。燃えるような“覇気”がウリの熱血カープ戦士です。

ゆっきーさんが応援する安部友裕選手。燃えるような“覇気”がウリの熱血カープ戦士です。

関東のカープファンには、広島出身者でない人もいます。では、なんでまた広島の球団を応援しているのか? 安部選手のようなイケメン選手が多いから? 赤いユニフォームや帽子がオシャレだから? まぁ、これらも大きな理由のひとつですが(笑)。これには、沢山の理由やストーリーがあります。それでは、ゆっきーさんのカープファン仲間、みほさん(左)がカープファンになったストーリーは?

みほさん:「カープファン歴はもう20年以上になります。夫に釣られてカープファンになりました。夫は、今日、家で観てるんですけど、子供の頃からの熱狂的なカープファンなんです」

みほさんにとってのカープは、夫婦を繋いだかけがえのないものだったんです。

みほさん:「夫には付き合っていた時にカープを観に連れて行ってもらって、それからカープ沼にハマりました(笑)。婚約した時にカープが優勝したんです! その時は日本シリーズにも行きました」

カープ愛と夫婦愛。とても素敵なストーリーです。

みほさん:「夫婦揃ってのカープ応援、もちろん行きますよ。ただ家が茨城県で遠いので、なかなか来られないんですけどね」

そんなご夫婦そろってカープをこよなく愛するみほさんが応援しているカープ選手は?

みほさん:「田中広輔選手を応援しています! 広輔選手が今年1番になって、沢山いい仕事をしてくれたので、優勝出来たと思います。来年も頑張って欲しいです!」

画像: みほさんが応援する田中広輔選手。あの名手菊池涼介選手と二遊間を張るカープ不動の1番打者です。

みほさんが応援する田中広輔選手。あの名手菊池涼介選手と二遊間を張るカープ不動の1番打者です。

25年ぶりの優勝を果たし、シーズンが終わっても、未だにその話題と赤い旋風がとどまることのないカープ。これまでにはなかったファン感謝デーの話題が全国版のニュースやワイドショーで紹介されるほどにもなりました。地域密着の元祖であり12球団唯一の市民球団カープ。カープファンの力、それはファンひとりひとりのカープ愛と情熱が生んだ偉大で誇り高い大きな力です。

画像: 300号本塁打を達成した試合後、グラウンドを去る前に熱狂的な祝福の声援を贈るカープファンに応える新井貴浩選手。新井選手もまたファンの力を強く感じ、感謝をしていた。

300号本塁打を達成した試合後、グラウンドを去る前に熱狂的な祝福の声援を贈るカープファンに応える新井貴浩選手。新井選手もまたファンの力を強く感じ、感謝をしていた。

優勝報告会で緒方監督もそのスピーチの中で大きな力を与えてくれたファンへの感謝を言葉にしていました。選手達からも、今季は多くの場面でファンへの感謝の言葉を聞きます。ファンも選手と共に戦う。だから勝ち取った時のあのしびれるような大歓喜を得ることが出来る。そんな気がします。

画像: 本塁打を放ち、真っ赤に染まったレフトスタンドの声援に一礼する下水流昴(しもずるこう)選手。選手たちも力を与えてくれたファンへの感謝を忘れない。

本塁打を放ち、真っ赤に染まったレフトスタンドの声援に一礼する下水流昴(しもずるこう)選手。選手たちも力を与えてくれたファンへの感謝を忘れない。

ファンの力。選手たちの力と合わさった時に生まれるあの大きなうねりと絶大なる力が、ひとつのチームをここまで強くしました。球場のスタンド席でしか味わえないファンの力が生み出す凄まじいまでの圧倒的なパワー。球場で、応援するチームが得点した時、勝った時、そして優勝した時のあの言いようのない興奮とカタルシスは、球場で体験したものにしか分かりません。もし、まだ体験したことのない人がいたら是非球場で生で味わって欲しいです。

画像: 神宮球場で見たファンの力。 ~関東カープファンの思い~
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.