分岐点は12月? オフもまだまだ走るJリーガー

画像: 分岐点は12月? オフもまだまだ走るJリーガー

天皇杯準々決勝に進んだチーム以外は、もう活動がありません。クラブの公式サイトを見ても練習はもうお休みに。

「長いシーズンが終わってホッとしてるんだろうなぁ。海外にでも遊びに行ってるんじゃないの?」。そう思いながら練習場の横を通ると、あれ? なんだか見慣れたトレーニングウェア姿が……。

12月初めにはすべての公式スケジュールが終わってホッとしているはずのJリーガーですが、実際のところはそんな生やさしいものではないようです。今回も井手口純さんにお聞きしました。

「まず一番最初の分岐点は、来年の契約があるかどうかです。もし退団が決まっているのなら12月と1月に行われるトライアウトのためにトップコンディションにもっていかなければなりません」

就職活動ということで、シーズン中よりも余計に緊張感が高まるようです。

「トライアウトの他にも昔はいろいろなクラブで一般公募形式の入団テストをやっていました。参加費を払って受けさせてもらうテストで、Jリーグがスタートした最初のころは、いくつものクラブで開催されていましたが、今ではほとんどなくなってしまいました。滅多に合格することはないのですが、まれに1人だけ採用したりしていますから、完全に閉じられていると言うことではないと思います」

では、翌年の契約がある選手はのんびりと過ごしているのでしょうか?

「契約があればノンビリです。11月の末にはシーズンが終わり、天皇杯がなければ時間に余裕があるので、基本的にはクリスマスを越えたころに体を休めることができます」

え? クリスマス? それまでは何を……。

「それまでは自主練ですよ。ケガ持ち、試合に出ていた選手たちは休んで体を休めますが、若手は普通に練習してます。全体でトレーニングというのが多かったですね。パッとお休みになるほうが珍しいと思います。全体の練習は終わりにして若手だけコーチ陣と練習なんですよ」

それで練習場には選手がいるのですね。

「最近はシーズンのスタートが早くなってきたので、きっと12月の半ばには自主練を終えるのではないでしょうか。それでも、試合に出ていても若手だとか、試合に出てない人たちはずっとやると思います。自分の時は『試合に出てないのだから、休みは1週間でいいだろう!』と言われていました」

その練習こそが、翌年のレギュラーになれるかどうかの分かれ目なのかもしれません。Jリーガー、まだまだ走ってます!(文=森雅史)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.