SS伊豆の創設者の一人である杉山謙介氏(28)が、今年立ち上げたサッカーチームについて語るということで、ゆるすぽ編集部もすごトークに参加してきました。最終第6話は、杉山氏の幼馴染である日本代表内田篤人氏について語ってくれました。

※すごトークとは、NPO法人スポーツ業界おしごとラボ主催の座談会形式のセミナーです。

■前回までの記事→


小村理事)じゃあ最後に、サッカー日本代表・内田篤人選手との関係を話してもらいましょう。杉山くんと幼馴染だったんだよね。

杉山氏)実は内田篤人選手がこの函南町出身で、私が小学校1年から一緒にサッカーをやってたんですね。そんなこともあって、この地元、伊豆は子どもが少なくなってはきてますけど、サッカーに対する子どもたちの憧れとか、保護者の方の理解っていうのは、ある程度あるのかなと。

実際ボクも、スポーツを諦められなかった、スポーツを仕事にしたいと思ったのは、結構彼の影響が大きいのかなあと思って。当時サッカーやってたメンバーでも、結局その先の高校、大学と進んで、彼の応援にスタジアムに足繁く通うというのは自分だけだったんですね。

で、そういう彼の姿見てて、憧れでもありながら、地元への貢献、スポーツを使って選手とは違った立場として、子どもたちに夢を与えられるとか、地域に貢献できる仕事ってあるのかなっていうふうに思っていまして。

まあそんな想いが、結局今こうカタチになってて。一応考えているのは、ゆくゆくは彼が日本に帰ってきて、Jリーグでどっかでやるのかもしれないですけど、最後はウチのチームに関わってもらいたいなあと。せっかく地元でやっているJリーグを目指すチームなので。関わってもらえればまたそこで大きなターニングポイントを迎えられるんじゃないかあというふうには思っています。

 
 
読者のみなさん、いかがでしたでしょうか? 全6話に渡り、サッカーチームSS伊豆を立ち上げた杉山謙介氏のお話を紹介してきました。

もしも、みなさんの中で、このチームを応援したい、あるいはご興味があるという方は、ぜひこちらをご覧いただければ幸いです。

▼SS伊豆への協賛はこちらから
http://www.ssizu.com/#!support-us/ctzx
法人会員も個人会員も受け付けています。

すごラボ理事小村氏と教え子である杉山氏。

コメントを読む・書く
Next

This article is a sponsored article by
''.