ながさわたかひろが動き出した!! 神宮球場での観戦は昨年のヤクルトスワローズ優勝以来となる画伯。試合終了後に激カメの大亀さんと、ながさわ画伯という“こじらせているふたり”のツーショット。

しばらくの間、沈黙していたながさわたかひろ氏にちょっと話を聞いてみた。

ーー久々の神宮での観戦はいかがでしたか?

ながさわ「ドキドキしました。いろいろな想いがあって、なかなかこの地に来ることができなかった」

ーー女子プロ野球の試合を観て率直にどうでしたか?

ながさわ「まず、試合をこんなに近くから(カメラマン席)観ることができることが驚きでした。試合自体も面白い! ディオーネの里投手も120km台の速球で見応えがあるし、アストライアの4回裏の攻撃はまさに“神っている”感じでしたね。良い試合を観せて頂きました」

ーーながさわさんが普段おっしゃっている『応援が選手の力になる』という言葉ですが、今日のアストライアはホームの試合。アストライアの逆転勝利はまさにファンの皆さんの応援が力になっていました。

ながさわ「いやぁほんとにそうですよね。応援は力になる(感慨深げに)ちょっと今日の試合を興奮冷めやらぬうちに描いてみます! 写真がうまく撮れなかったので、大亀さん資料として写真お借りできないですか?」

大亀「大丈夫ですよ。帰宅後徹夜で作業しますんで、お送り致しますよ。このチームで女子プロ野球を応援していきましょう!」

私ゆるすぽ編集部8号が撮影した二人の表情からは、暑さでヘトヘトの汚いオヤジの姿しか写し出せていないが、女子プロ野球の爽やかなプレーに二人の汚れた瞳は輝いていた。

そして試合日から程なくして、渾身の一枚がながさわ画伯から届いた。

ながさわ画伯の最新のイラストは明日夕方に公開予定!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.