こんにちは!激カメ大亀です!今回の女子プロ野球・埼玉アストライアレポートは、今季よりアストライアを率いる河本 悠監督にお話を伺ったインタビューをお届けします。女子プロ野球の魅力、アストライアのこと、選手たちのこと、監督の視点から語って頂いたお話から女子プロ野球の魅力が見えて来ます。

画像1: 河本監督インタビュー/埼玉アストライアレポ③

河本監督には、試合後ミーティング前のお忙しい中で時間を割いて頂き、貴重なお話を伺わせて頂きました。

―― 監督から見た女子プロ野球の魅力についてお聞かせください。

河本監督:男子の高校野球と似ているところがあると思うんですけど、野球に対してみんなが一喜一憂というか、喜んだり、悔しんだり、表情豊かに野球をするところが女子プロ野球選手ならではだと思いますし、一球に対してみんなが全力で、声を掛けあって野球をしていくところが魅力なんじゃないかなと思います。

―― 今日試合を観させて頂いて、皆さんとても声が出ているなと思いました。それは選手たちが自主的にやっているんでしょうか?それとも監督さんをはじめコーチの指示があってのことなんでしょうか?

河本監督:それは時と場合によるんですけど、選手たちが率先して自分たちで声を出して、自分たちを鼓舞して戦って行くというスタイルは、どのチームでも一緒だと思うんですけど、負けている試合だと、やっぱり声が少なくなってしまう。ベンチの雰囲気が悪くなってしまった時にベンチ、指導者の方からも「さぁ!行こうよ!」っていう声掛けはしています。

画像2: 河本監督インタビュー/埼玉アストライアレポ③

―― 今季より新任監督としてアストライアを率いていらっしゃいますが、埼玉アストライアはどういったチームですか?

河本監督:アストライアは、個性あふれる選手が多いバッティングのチームです。だからバッティングを活かしたいですね。個々のバッティングの能力、破壊力もありますし小技も出来る。足の早い選手もいますし、バッティングでお客さんを魅了するチーム作りを心がけています。どの球団よりも一番バッティングを理想としていますし、選手たちが何とかバッティングでファンの方たちに応援してもらいたいっていうところが、アストライアの野球かなって思っています。

画像: 好守でピンチを脱した選手たちを迎える河本監督。姉の様な優しい眼差しが印象的。

好守でピンチを脱した選手たちを迎える河本監督。姉の様な優しい眼差しが印象的。

―― 先程、選手の皆さんにもお話を伺って、アストライアは他のチームに比べて和気あいあいとして、リラックスしているチームであまり気まずい雰囲気はないと聞いたんですが、監督から見て如何でしょうか?

河本監督:みんな腹を割って話すというか、ダメなものはダメ、良いものは良いで、選手同士でしっかりと修正しています。まだまだですけども、そういう話し合いとか練習の中でも選手同士でこうやった方が良いんじゃないか、ああやったほうが良いんじゃないかってやっていますし、そういう雰囲気の中で他のチームよりもしっかりと声を出して、良いプレーが出たらみんなでナイスプレーって言ったり、何とか良いモチベーションのまま試合に臨もうとしているんだなっていう姿は見ていて感じますね。

画像: 試合前のシートノックでは、河本監督自らノックを行う。

試合前のシートノックでは、河本監督自らノックを行う。

―― 目標はもちろん優勝、女王になることだと思いますが、それを達成するためには河本監督から見て、今のこのチームに足りないものは何でしょうか?

河本監督:(即答されて)いやぁ、いっぱいありますね。ひとつじゃないですけども、まずやっぱり自主的にしっかりと考えて取り組むことが、まだまだ見えないかな?と思います。

みんな和気あいあいという話が出ましたけど、みんなで同じことをしても、目標とする選手を超えられる訳ではないですし、自分は今これが足りないから、ひとりでもこれを多くやろうとか、こういうところを工夫して練習に取り組もう、とすれば試合の中で必ずそれが活きるんです。

みんなと同じ様にし過ぎると、悪くなってしまった時にそこからみんなで這い上がるっていうのは、なかなか難しい。個々に、しっかりと意識を高く持って練習も取り組むことが出来ていれば、試合の中でそういう場面があったとしても一人、二人、声掛けとかプラスの声が出て来ると思いますし、そういうところがまだ足りないかなと。

そこが女子野球ならではということもあるんですけども、やはりプロなので自分でしっかりと考えて、自分で結果を出すっていうところをもっと意識しないと。みんなと同じようにやっていては、目標とする選手を超えられないですし、そういうところの意識が足りないですね。

画像3: 河本監督インタビュー/埼玉アストライアレポ③

―― “自主的に考えさせる” このことは、ミーティングの時などでも常日頃から伝えていらっしゃるんでしょうか。

河本監督:はい。答えを出さずにヒントだけを出します。練習に取り組む中で、どうやってやったほうがいいのかを自分で考えてもらわないといけません。試合でプレーをするのは選手です。社会人としてもそうだと思うんですけど全部助けてもらおうとか、全部答えを出してもらおうとかではなくて、自分で何とか掴みとって行くところだと思うんです。そういう貪欲さが足りない。好きなことはみんな一生懸命勉強すると思うんですけど、野球の技術以外でも対ピッチャーに対して研究したりとか、敵のこの野手はこうだから、こうやって守ろうとか、そういう個人個人の意見がもっともっと増えてくればいいなと感じています。

―― 最後にファンの皆さんに、そしてまだ女子プロ野球を観に来られていない方たちへのメッセージをお願いします。

河本監督:女子プロ野球はシーズン7年目に入ったんですけども、まだまだ皆さんに知って頂くという活動が出来ていない中で少しずつですが、沢山のファンの方々に球場に足を運んで来て頂いています。少しでも女子プロ野球がどんな感じなんだろうと思った方がいらっしゃったら是非一度、球場に観に来ていただいて、この選手を応援したいなとか、このチームを応援したいなって思って頂ければ、プレーでしっかりと魅せて行ける選手が女子プロ野球にはいっぱいいます。

これからも沢山のご声援と(ニコニコ生放送などでの)口コミなどで広げていただいて、ご家族やご友人の方と一緒に球場に来て応援して頂きたいですし、是非一緒に女子プロ野球を盛り上げて行って欲しいなと思っています。

画像4: 河本監督インタビュー/埼玉アストライアレポ③

河本監督、お忙しい中でお話を伺わせていただき本当にありがとうございました!
インタビューをさせて頂いて、河本監督の選手たちへの厳しさと同時に優しさのようなものを感じました。そして、選手たちに自主性を重んじるというお話がとても心に残りました。これは女子プロ野球以外でも僕らの世界でも言えること。自分たちとダブらせながら、共感しながら観ることが出来そうです。女子プロ野球が身近に感じられて、ますます興味が湧いて来ました。

次回の埼玉アストライアレポートでは、実際にプレーをする選手の方にお話を伺います。チームのキャプテン、川端友紀選手に想いを語って頂き、さらなる女子プロ野球の魅力に迫ります! どうぞ、お楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.