こんにちは!激カメ大亀です! 6月11日(土)快晴の上尾市民球場に女子プロ野球、京都フローラ 対 埼玉アストライアの試合を取材撮影をして来ました! 今回より数回に渡って、そのレポートをお届けしていきます! 魅力的な女子プロ野球の世界に是非触れてみてください。

女子プロ野球は、今回取材させて頂いた埼玉アストライアに所属するスワローズ川端慎吾選手の妹さんである川端友紀選手、美しすぎる女子プロ野球選手として話題の加藤優選手らの存在で、注目されるようになりましたが、僕は実際に観たことがありませんでした。選手たちを撮影していると、女子プロ野球の魅力にどんどん引きこまれていきました。

画像: ♯23 川端 友紀選手

♯23 川端 友紀選手

画像: ♯9 加藤 優選手

♯9 加藤 優選手

女子プロ野球は現在、埼玉アストライア、京都フローラ、兵庫ディオーネ、育成チームであるレイアがあってレイアを除いた3つのトップチームが、前後期制で争うヴィクトリアシリーズを中心にティアラカップ、シンデレラカップ、シンデレラシリーズ合計で約40試合を戦い、頂点である“女王”を目指します。試合は7イニング制。これは国際ルールに合わせているからだそうです。

3つのトップチームと、ひとつの育成型チームと、チーム数は決して多くはありませんが、工夫されたリーグ戦やトーナメント戦が他にもあり、飽きさせないルールと制度は面白いなと思いました。

試合前のイベントも趣向が凝らされていました。試合直前に両チームの選手たちによるダンスパフォーマンスがあるのです! これは試合後、勝利チームによっても行われます。プロ野球選手がダンスをする、これはちょっとした衝撃でした。

画像1: 女子プロ野球の魅力/埼玉アストライアレポ①

ファインダーの中で躍動する女子プロ野球選手たちの動きは実に俊敏でスピード感に溢れ、その迫力とレベルの高さに脅かされ素直にカッコよさを感じました。選手兼任コーチの山崎まり選手、確実なスローイングは兼任コーチと聞いて納得の流れるような美しさがありました。

画像: ♯7 山崎 まり選手

♯7 山崎 まり選手

彼女たちのプレーは確かな技術と技に裏打ちされていて、シートノックを観ただけでも日々かなりの練習量を経て来ているのが分かりました。サードでの強肩と堅実な守備が印象的だった出口彩香選手。

画像: ♯2 出口 彩香選手

♯2 出口 彩香選手

埼玉アストライア球団の広報の方に聞くと、女子プロ野球の選手たちはレイアに所属する育成選手も含めて、アルバイトなどの副業をしている選手はいないそうです。練習~試合~ファンサービス。一日中プロ野球選手として、野球に没頭出来る完全なプロ野球選手です。

川端友紀選手は、女子プロ野球創設からプレーをするアストライア生え抜きの中心選手です。

画像2: 女子プロ野球の魅力/埼玉アストライアレポ①

シートノックを終えての円陣、チームがひとつになる瞬間。ワクワクします!

画像3: 女子プロ野球の魅力/埼玉アストライアレポ①

というわけで、観戦レポの前半はここまで。次回は後半をお届けします! どうぞお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.