熊本地震の約1カ月後、5月15日にフクダ電子アリーナ・対ジェフユナイテッド千葉戦からリーグ戦に復帰し、7月3日には本拠地、うなかな・よかなスタジアム(うまスタ)での試合を再開したロアッソ熊本。サポーターの皆さんと共に走り続けてきた今シーズンでしたが、ついに今週末、11月12日(土)にホーム最終節を迎えます。

ホーム最終節となるFC岐阜戦は、J2残留を懸けた大事な戦いとなります。この連載「がまだせくまもと!」でも、これまでロアッソへ向けてエールを送ってきましたが、最後の一押しになればと思い、サポーターの皆さんの声をお届けしています!

最後にご紹介するのは、本拠地・熊本で選手たちと共に戦ってきた、ロアッソのサポーター団 ウルトラアルデラス代表の田中宏征さんです。田中さんにお会いしたのは8月31日、対愛媛FC戦でのこと。この日は、うまスタの観客席がメインスタンドのみの使用から、ゴール裏まで使用解禁となったのでした。久しぶりにうまスタのゴール裏に足を踏み入れた田中さんに、お話を伺ってみました。

「『ただいま』という感じですね。

5月22日に、柏レイソルさんがスタジアム(日立柏サッカー場)を貸してくださって、初めてホーム代替開催をやって。6月にはサガン鳥栖さんのベストアメニティスタジアムで、九州でホーム代替開催ができました。その時は、やっぱり九州で試合をするということには格別な思いがあって、階段を一歩上ったなっていう思いがありました。

そして7月3日にうまスタが再開したんですけど、自分たちが今まで長年戦ってきた場所はゴール裏なので、やっぱりここに帰ってこないことには、本当にスタジアムに戻ってきたなっていう気にはなれなかったですね。ようやくうまスタに帰ってこれて、今日ようやくもう一歩階段を上ってゴール裏まで帰ってきたなって。自分たちが本来戻るべき場所に、ようやく帰ってきたなっていう思いが大きいです」

ゴール裏解禁のニュースを見た時は本当にうれしかったと話す田中さん。この日は格別な思いで、選手たちと一緒に戦っていました。私は、「田中さんにとってゴール裏って何ですか?」と聞いてみました。

画像: 試合開始前、久しぶりにゴール裏で「HIKARI」を歌うサポーターの皆さんと選手たち

試合開始前、久しぶりにゴール裏で「HIKARI」を歌うサポーターの皆さんと選手たち

「『帰ってこられる場所』ですね。本当の意味での『ホーム』だと思います。地震とか、たとえどんなことがあったとしても、やっぱり最終的に目指す場所、帰る場所はここです。そしてゴール裏は、選手たちと気持ちを一番近くにして戦える場所です」

ありきたりな言葉で申し訳ないとちょっと笑った田中さんでしたが、「気持ちが近い」という言葉がとても印象的でした。この日も、試合終了後にゴール裏に来た選手たち。試合に負けてしまい、スタンドからは励ましの言葉や厳しい言葉も飛び交いましたが、選手たちは、長い間しっかりと前を見て受け止めていました。田中さんは、こう話します。

「勝った後も負けた後も、選手たちがすぐそこまで来て俺たちの声を聞いてくれるんです。選手とサポーターの関係というのは、選手が上なわけでもないし、サポーターが上なわけでもないし、お互い90分一緒に戦った仲間なんだと思っています。選手に『やれよ』って言うんだったら、じゃあ俺らも一緒にやらなきゃいけないなっていうことなんです。

だから、負けた後に選手たちがゴール裏に来たら、俺はいつもこう言うんです。『熊本こんなもんじゃないよね』って。選手たちに『何やってんだよ』って言うんじゃなくて、俺たちも含めて『熊本はこんなもんじゃない』って。チームが負けたのは選手たちのせいだけじゃない。俺たちも次はもっと頑張るからっていう想いを込めて、そういう言葉を使っています」

画像: ウルトラアルデラスの皆さん。後列中央=田中さん

ウルトラアルデラスの皆さん。後列中央=田中さん

そして、うまスタのゴール裏では、田中さんが代表を務めるウルトラアルデラスと、この連載に以前登場した中村和秀さんが代表を務めるサポーター団・インチャーダが一緒になって応援をしています。

●インチャーダ 中村さんについての記事⇒「ここに来れば仲間に会える」/がまだせくまもと!#12

今年は両団が団結し、応援の仕方を模索してきたとのこと。今ではコールリーダーもローテーション制にするなど、協力体制を築いているそうです。中村さんから「今年はサポーター大改革の年にしようよ。一緒にいろんなことをやっていこう」と言われた田中さんは、涙が出るほどうれしかったそうです。

さて、冒頭にも述べた通り、ロアッソは今週末11月12日(土)にホーム最終節を迎えます。両団の強力な後押しを背中から受けながら、また、もちろんゴール裏以外からも熱い応援の気持ちを受けながら、選手たちは最高の姿を見せてくれるに違いありません! さらにこの試合は、J2残留を懸けた大事な試合となります。うまスタで、テレビの前で、スマホ片手に、選手たちと共に戦いましょう!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.