こんにちは! 激カメ大亀です!

今回はある夏の日、埼玉県にある某グラウンドで行われた女子プロ野球・埼玉アストライアの練習レポート第3回、打撃練習篇をお届けします!

練習の後半に行われたのはいよいよ打撃練習です。投内連携の合間にもクリーンアップを打つ選手たちはトスやティーを行っていたのですが、守備練習が終わるとホーム付近にバッティングケージが設置され、フリー打撃が始まります。写真は打撃フォームを入念に確認しながらトス&ティーを行う楢岡選手。

画像: #3 楢岡美和外野手

#3 楢岡美和外野手

バッティングケージの設置は、選手たち自身の手でテキパキと行われます。

画像: 埼玉アストライア練習レポート!③/女子プロ野球'16後半戦レポ#29

フリー打撃とトスバッティングでの加藤選手。間近で観た彼女の武器であるスイングスピードは、もの凄い迫力で圧倒されました。可憐なルックスとのギャップは加藤選手の魅力のひとつです。

画像1: #9 加藤 優外野手

#9 加藤 優外野手

画像2: #9 加藤 優外野手

#9 加藤 優外野手

出口選手と山崎選手兼任コーチの力強いスイング。激しい練習を積み重ね、鍛え上げられた打撃フォームは、とても基本に忠実でお手本のよう。そして、女子プロ野球ならではの美しさを感じます。

画像: #2 出口彩香内野手

#2 出口彩香内野手

画像: #23 山崎まり内野手・選手兼任コーチ

#23 山崎まり内野手・選手兼任コーチ

トスバッティングでの出口選手。トス上げは選手同士で行います。

画像: #4 中野菜摘内野手

#4 中野菜摘内野手

同じく奥村選手。トスの回数は多く、短いインターバルで素早くミートし続ける選手もいて、終わった後はさすがにヘロヘロでした。これを年間通してやっているのだから、振り込んでいる回数は相当なもの。したたる汗が輝いて見えました。

画像: #19 奥村奈未内野手

#19 奥村奈未内野手

そして川端選手のトスバッティング。先日、前人未到の5連覇を果たした侍ジャパン女子代表でも、二塁手としてオールスターチーム(大会のベストナインに相当)にも選ばれた川端選手。繰り返すトスはリラックスしていて、落ち着いたムード。女子プロ野球を代表とする、そしてアストライアを引っ張るキャプテンとしての風格に満ち溢れていました。

画像: #23 川端友紀内野手

#23 川端友紀内野手

打撃練習後、出口選手と中野選手がお互いに指摘しあって、さらなる打撃向上を目指していました。女子プロ野球は監督と専任コーチが一人、選手兼任コーチが一人の体制であるため、選手同士のこういった意識の高さはとても大事。それが分かる光景でした。

画像: #2 出口彩香内野手・#4 中野菜摘内野手

#2 出口彩香内野手・#4 中野菜摘内野手

最後に行われたのはバッティングマシンを相手にしたバント練習。時間を掛けて、入念に行われていました。写真は熊崎捕手、今季は怪我のために試合出場が殆どありませんが、試合中は球場前でファンサービスをやったりして(なんとビールも販売していました!)、別メニューながらトレーニング、走塁練習など、今出来ることをしっかりとやって、怪我からの復帰を目指しています。前に取材させて頂いたときや、練習の合間に挨拶をしても、元気な笑顔で応えてくださり、そのポジティブさが特に印象に残っています。復帰を楽しみにしたいです!

画像1: #27 熊崎 愛捕手

#27 熊崎 愛捕手

画像2: #27 熊崎 愛捕手

#27 熊崎 愛捕手

松永選手と佐藤選手はセーフティバントも含めて行っていました。スピード感溢れるセーフティバントや機動力は野球の醍醐味のひとつですが、こういった日々の入念な練習に支えられています。小柄で、すばしっこい松永選手のセーフティバントは、相手守備にとってかなり嫌な存在だろうなと思いました。

画像: #10 松永 栞(しおり)内野手

#10 松永 栞(しおり)内野手

佐藤選手は以前、取材をさせて頂いた時、「いつもセーフティバントを狙っているので、相手との駆け引きに注目して欲しいです」と俊足自慢の選手らしく、いたずらっぽい笑顔で言っていたのを思い出しました。

画像: #6 佐藤千尋外野手

#6 佐藤千尋外野手

全ての練習メニューを終えて、選手自らグラウンド整備を行い、監督からの言葉をもらってこの日の練習は終了! 本当にお疲れ様でした!

画像: #11 磯崎由加里投手

#11 磯崎由加里投手

と、今回はここまで。

次回は、アストライアと言えばやっぱり笑顔! この練習で撮影した彼女たちの笑顔を集めた写真集を練習レポートの締めとしてお届けします! どうぞお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.