グラウンドに沢山の勝利の花を咲かそう!京都フローラの魅力・後編

こんにちは!激カメ大亀です!

女子プロ野球、京都フローラの魅力をお届けする特集連載の第2回は前回の続き、フローラのチームとしての魅力を紹介する後編を撮影した選手たちの表情と共にその魅力をたっぷりとお届けします!

画像: 試合前のダッグアウトでのフローラ戦士たち。写真中央は#23 大澤靖子内野手

試合前のダッグアウトでのフローラ戦士たち。写真中央は#23 大澤靖子内野手

フローラのキャプテン三浦伊織選手。女子プロ野球創設からフローラ一筋でプレーをする女子プロ野球界でも屈指の名選手のひとり。これまで数々のタイトルを獲得し、2014年にはなんと年間打率5割という驚異的な数字を残し首位打者に。さらには4年連続最多盗塁、5年連続ベストナイン外野手といった、まさに偉業といってもいい記録を達成。今季もリーグダントツの盗塁数をマークし、さらなる連続記録が期待されています。

画像1: #3 三浦伊織外野手

#3 三浦伊織外野手

画像2: #3 三浦伊織外野手

#3 三浦伊織外野手

三浦選手と共にフローラ打線の中軸を張る池山あゆ美選手は、指名打者で4番を務める強打者。2014年、15年と2年連続で本塁打王とベストナイン指名打者を受賞。その勝負強いパワフルなバッティングは見応えたっぷりです!

画像1: #25 池山あゆ美内野手

#25 池山あゆ美内野手

画像2: #25 池山あゆ美内野手

#25 池山あゆ美内野手

育成チームレイアで、持ち前の打撃力が開花して昨年チームトップの成績を収め、今季フローラに移籍して来た只埜榛奈(ただのはるか)選手。今季移籍初年度でサードのレギュラーの座を獲得。その容姿とは相反したダイナミックなバッティングフォームが大きく目を引きました。

画像1: #29 只埜榛奈(ただのはるか)内野手

#29 只埜榛奈(ただのはるか)内野手

画像2: #29 只埜榛奈(ただのはるか)内野手

#29 只埜榛奈(ただのはるか)内野手

緊迫した試合の中にあって、時折魅せるチャーミングな笑顔がグラウンドに輝いていました。伸びしろも大きくフローラでのさらなる進化が期待されます。

画像3: #29 只埜榛奈(ただのはるか)内野手

#29 只埜榛奈(ただのはるか)内野手

フローラの守備の要で絶対的二塁手、今季5年目の小西つどい選手は、女子プロ野球に入るまではソフトボールをやっていました。セカンドでの堅実な守備には定評があり、2014年と15年に2年連続でベストナイン二塁手を受賞。その守備力と合わせて打撃でも二番を務めています。

画像: #7 小西つどい内野手

#7 小西つどい内野手

フローラでファーストを守る田口選手は神奈川出身の長身(170cm)スラッガー。勝負強いバッティングでチームを勝利に導きます。

画像: #5 田口紗帆(さほ)内野手

#5 田口紗帆(さほ)内野手

ヘルメット越しに見えたつぶらな眼差しが印象的だった橋本選手。驚いたのがそのバッティングフォーム。まさか女子プロ野球でガニ股打法を観るとは!この写真では残念ながらスイングの始動が始まったところなのですが、独特な構えから打って、走る、スピード溢れる彼女のスタイルはとても衝撃で新鮮でした。今季6月に嬉しい通算100安打を達成!

画像: #14 橋本ひかり外野手

#14 橋本ひかり外野手

フローラは走攻守がバランス良く揃ったチームです。先発投手には、エース左腕植村美奈子投手、写真の小西美加投手兼任コーチ、矢野みなみ投手の3人の好投手が左右揃っていて、リーグ屈指の投手力を誇っています。

画像: #18 小西美加投手兼任コーチ

#18 小西美加投手兼任コーチ


と、今回はここまで、次回からは新原監督と主力選手の皆さんにインタビューした特集をお届けしていきます! まだまだ続く京都フローラの魅力! どうぞお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.