こんにちは、ゆるすぽレポーター#005カープ女子の古田ちさこです! 私が初めてゆるすぽで記事を書かせていただく内容はやっぱり大好きな野球のことにさせてもらいました。

7月1日金曜日、横浜DeNAベイスターズVS広島東洋カープ12回戦、ハマスタこと横浜スタジアムでのナイター観戦のレポートです!

スポーツの勝敗だけでなく、スポーツのファンを大事にするゆるすぽらしく、今回は試合展開ではなく観戦スタイルにフィーチャーしたレポートです☆

画像1: 観戦スタイルをカープ女子が解説/野球女子観戦会①

私は普段、内野派、外野派と席にこだわりはありません。その日の席、メンバーによって楽しみ方を変えています。

投手戦を内野席でじっくり観るのも良いし、外野席でがんがんスクワットをするのも大好き♪

この日は贅沢にバックネット裏で仲良しの野球好き女子5人との観戦でした。実は5人いてカープファンは私だけ!

そうなんです。私たちよく集まっては野球談義に花を咲かせ盛り上がっているいわゆる野球女子なのですが、全員ひいき球団が違うのです。

“そんな顔ぶれでの観戦ってどんな感じなの??”と、ゆるすぽ側が興味を持ってくれて、今回初レポートとなりました。

ひいき球団どころかキャラも野球の応援スタイルも違う私たち野球女子5人をまずは簡単に紹介させてください♪

画像: 野球関連のお仕事で知り合って以来、プライベートでも仲良し!

野球関連のお仕事で知り合って以来、プライベートでも仲良し!

(写真の一番左)タレントの杜野まこちゃんは横浜DeNAベイスターズファン、お仕事で番長こと三浦大輔選手の番組アシスタントをして以来、番長の人柄に惚れ、そんな番長が愛する野球とベイスターズのすっかりファンになったのが野球女子の始まり。応援はいつでもポジティブ。ナイスプレーは称え、ミスは「ドンマイ! そんな時もあるよね! 次は頑張ろ!」とスタンドから明るく励ます気持ちの良い姉御キャラです。宮城県出身ということもありパリーグでは楽天ファンだよ☆

画像2: 観戦スタイルをカープ女子が解説/野球女子観戦会①
画像3: 観戦スタイルをカープ女子が解説/野球女子観戦会①

(写真の左から二番目)声優の藤邑鈴香ちゃん(ふじもん)は阪神タイガースファン。色白でおっとり、いつもふわふわなお洋服を着て女の子らしいふじもんの一番好きなお方は平田勝男コーチ。渋いですよね?(笑) 東京出身ですがお爺様の代から三世代に渡る阪神ファンで、毎年バレンタインには平田コーチにチョコレートを贈っているそうです。阪神戦ではドスの利いた声で『オイ!脇下がってんぞ!』などゲキを飛ばすこともあるとかで、その見た目とのギャップを早く体験したくてたまりません。ちなみに今年の交流戦は記憶が無いそうです!

(写真中央)そして同じく声優の上村彩子ちゃん(うえっち)は埼玉西武ライオンズファン。うえっちが野球ファンになったのは、まこちゃんとやっていた野球番組がきっかけ。その番組では野球に対して全く無知の状態のうえっちにイチから野球を教え込むという構成で、まず推し球団を決めるところから始めたそう。埼玉出身ということもあり西武を応援することに決め、まこちゃんや番組で関わった野球人とのふれあいの甲斐あって、1年半でだいぶ野球知識も増えたようです。とはいえこのメンバーの中ではまだまだ伸びしろたっぷりで、みんなでうえっちを育てていくのも楽しんでいます。野球女子育成枠ですね♡

(写真の右から二番目)そしてゆるすぽレポーター#001でもあるタレントの山本祐香ちゃんは東京ヤクルトスワローズファン。北海道出身ながら、漫画「かっとばせ!キヨハラくん」を読み、ヤグルトスパローズのキャラクター達に魅了され、ヤクルトに興味を持ったのが野球女子のはじまり。大学野球や社会人野球も観に行くほど日々野球漬けで、データに強く、道具についても語りだしたら止まらないマニアックさです。

日々を過ごす中で野球ネタが増えてくると誰かしらが、グループラインで「そろそろ集まろうよ〜☆」と言いだし、ごはん会を開きます♪

渋谷でチーズフォンデュを食べながらファッションの話や恋愛話をしつつ、最終的には野球の話。「こないだのきわどい判定どう思った?」「あの選手ケガの具合はどう? 戻ってきたら怖いなぁ~」「そういえば黒田さんそろそろ200勝だよね?」などなど話題に事欠きません。試合開催日ならみんなでスマホをテーブルに置き一球速報をチェック。

ときにはデータ女子祐香ちゃん宅でピザパーティーをすることも。祐香ちゃん宅は野球関連の書物や映像がたくさんあって(宝の山!)、みんなで見返すとなお楽しいのです!

そして今回のようにスケジュールが合えばみんなで球場観戦♪
5人揃ってとなるとスケジュール調整が大変ですが、みんなが行きやすい神宮だと2,3人で集まれることもしょっちゅうです。

暗黙のルールではないけれど、みんなと観ていてやっぱりこのメンバーはいいなぁと思うのが、勝っても負けても相手チームを称え、良い意味で勝敗を引きずらないこと。

「○回のあの選手のプレーはさすがだったよね! うちにも欲しいよ~(笑)」「あの選手も昔はこんな苦労があってね…」と同じチームのファン同士では語り合えないトークも楽しいものです。

相手チームあってこその試合。
正々堂々、本気で戦っている両チームに尊敬の念を忘れないこと。
それを皆が自然とわかっているから成り立った良い関係だと思います。
簡単にと言いつつ長くなってしまいました。(笑)

では続きはハマスタの魅力、おすすめ球場グルメを紹介したいと思います!

画像4: 観戦スタイルをカープ女子が解説/野球女子観戦会①
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.