8月16日、東京丸の内で開催されている「MARUNOUCHI SPORTS FES 2016」で、ランチタイムに「サラリーマンスーツ綱引き大会」が行われるとの情報をキャッチし、ゆるすぽ編集部は取材に向かった。

会場である丸の内仲通りに11:55に到着。綱だけがドデンと置いてある。あれ、5分前だぞ…

画像1: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

辺りには、JTWFというワッペンを付けた黒いポロシャツの方々が数人いるだけである…。JAF?、いや警備会社?と思ったら、なんと公益社団法人日本綱引連盟の審判員の方々であった。

画像2: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

この大会、意外とガチなのか!?

真夏のランチタイムに、丸の内のど真ん中でサラリーマンが綱引きなんて、ちょっとお祭り的な見世物イベントだと思ってやってきたら、なんと8企業も参加するトーナメント大会であった!

画像3: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

<参加企業>
■スターバックスコーヒージャパン
■明治安田生命保険
■東京ステーション運営協議会
■三菱地所
■三菱地所プロパティマネジメント
■東京海上日動火災保険
■三菱UFJ信託銀行
■三井不動産

ビジネスウエアを着て参加するというルールだが、丸の内のサラリーマンが興味を持ってくれ、積極的にエントリーしてくれたという。真夏の丸の内は台風7号が関東に接近中ということもあり、居るだけでじんわりと汗ばむ状況のなか、よくぞ参加を! サラリーマンに拍手である!

 
そしてイベント開始の12:00になった。が、2、3企業が会場に集まってこない…。大丈夫か? ビジネスマンのお昼休みのひとときであるランチタイムは1時間である。司会進行のMCが、「まだ来ておりません! これも意図的な作戦なんでしょうか!?」と少々焦るなか、ようやく全企業が集まり、イベントがスタート。

MCが「MARUNOUCHI SPORTS FES 2016は、8月4日から始まっていますが、かつてない集客、盛り上がりです!」と言うくらい、どんどん観客が集まってきた。そして「きちんとお昼休み時間内に終わらせるため、進行にご協力ください!」と言いながらも、「8チーム、勝ったらどんどん勝ち上がって、敗けたらその時点でお昼休みに行ってもらって結構です」と、笑いを誘う。

上着を脱いだサラリーマンチームの中、特に目立っていたのは、緑のエプロンで揃えたスターバックスコーヒージャパンチーム。みなさんもよく知っている店舗の制服で参加。

画像4: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

綱引連盟によるルール説明の後、早速試合開始と思いきや、プロレス団体「ノア」のレスラー6名が登場。一気に会場の雰囲気が変わり、大会を盛り上げる。

画像: 左から、潮崎豪選手、中嶋勝彦選手、石森太二選手、モハメドヨネ選手、清宮海斗選手、友寄志郎選手

左から、潮崎豪選手、中嶋勝彦選手、石森太二選手、モハメドヨネ選手、清宮海斗選手、友寄志郎選手

そして、まずはノアの選手と参加選手全員で記念撮影。

画像5: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

そして、いよいよ綱引きスタートかと思いきや、試合に際して、ノアの選手が壇上で軽い準備体操を指導する。

画像6: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)
画像7: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

そしてそして、ついに戦いの火ぶたが切って落とされた。

第1試合はスターバックスコーヒージャパンvs明治安田生命保険。エプロン姿のスターバックスチームが、見た目のカジュアルな雰囲気とは裏腹に力を発揮し、勝利した。

画像8: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

第2試合は東京ステーション運営協議会vs三菱地所。三菱地所が勝利し、勝ち上がる。

画像: 引っ張る三菱地所(左)。踏ん張り切れない東京ステーション運営協議会(右)

引っ張る三菱地所(左)。踏ん張り切れない東京ステーション運営協議会(右)

第3試合は、三菱地所プロパティマネジメントvs東京海上日動火災保険。なんと、この試合でハプニングが発生! 踏ん張った足が会場のパネルマットをめくり上げてしまった!

画像9: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

イベント主催者側は大慌てだが、これもリアルイベントならではのアクシデントで、観客は大爆笑であった。マット修正後の延長再戦では、三菱地所プロパティマネジメントが勝利。

1回戦第4試合は、三菱UFJ信託銀行vs三井不動産。一気に勝負を賭けた三井不動産が勝ち上がる。

画像10: 丸の内オフィス街で白熱した戦いが!/スーツ綱引き選手権詳細レポート(前編)

そして準決勝第1試合は、三菱地所がスターバックスジャパンを下して、決勝進出。

準決勝第2試合、三菱地所プロパティマネジメントvs三井不動産では、三菱地所プロパティマネジメントの社長が参戦! 対する三井不動産チームの代表が「丸ビルを引っこ抜く勢いで勝ちたいと思います!」と宣言し、会場は大いに盛り上がる。戦いは、一気に引っこ抜いた三井不動産の勝ちとなった。

画像: 勝った三井不動産チーム(左)と、惜しくも力およばず引き上げる社長以下三菱地所プロパティマネジメントチーム

勝った三井不動産チーム(左)と、惜しくも力およばず引き上げる社長以下三菱地所プロパティマネジメントチーム

8対8によるサラリーマン綱引きは、ランチタイムのOLや、他企業のサラリーマン、外国人観光客の足を止めさせ、大いに盛り上がった。決勝戦の模様は次回、お楽しみに。<後編につづく>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.