「全日本かくれんぼ大会」。

…かくれんぼ??…ってスポーツ!? と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そう。ゆるすぽの定義では、れっきとしたスポーツなのです。全身を使い、走る、しゃがむ、1対1のスリリングな対決…!! 何より、子どもから大人まで楽しめる運動です。

そして、ゆるすぽ編集部がこの大会に注目したシンプルな理由は、「面白そう」だから!!

「全日本かくれんぼ大会」は6月19日(日)、兵庫県の湯村温泉街で行われました。毎年この地で開催されており、今年で第17回目となります。

大会のルールは、次の通りです。

画像: ズルはダメ!ルール編/全日本かくれんぼ大会①

まず、大会には“おに”で参加する人と、“隠れ人”で参加する人がいます。このあたりは、皆さんが子どものころにやったことがあるかくれんぼと一緒ですね!

そして、今回“おに”で参加された方は、なんと253人!! “隠れ人”は160人! 合計413人での壮大なかくれんぼなのです。

まず、“隠れ人”が隠れる場所を探して隠れ、その後、解き放たれた“おに”たちが“隠れ人”を発見し、「奉行所」へ連行します。奉行所で“おに”が富くじを引き、大吉が出るとそのまま“隠れ人”をゴール地点へ連行! 賞品をもらうことができます。

富くじで末吉が出てしまったら…、2人とも「お休み処」へ向かい、特産品を食べ、“隠れ人”はそのままゴール! “おに”は再びかくれんぼの戦地へと向かわなければなりません。

ちなみに、「“おに”は一度に複数の隠れ人を連行することはできない」という厳正なルールがあります。

“隠れ人”のルールとしては、「“おに”の問い掛けにウソをつかない」というものがあります。「私、“隠れ人”じゃないですよ~」なんてズルは許されません。フェアプレーでいきましょう。

そして、「終了前には必ず発見されるようにしましょう」とのこと。子どものころ、見つけてもらえなくて不安になって自分から出てきちゃう子って必ずいましたよね!(笑) でも、このかくれんぼはちょっと違います。理由は、賞品がもらえないから(笑)。終了間際まで全力で隠れ、終了直前には全力で見つからないといけません。

さて、この「全国かくれんぼ大会」の見どころは、もう一つあります。

それは、「仮装」。

次回は、大会当日の様子と、仮装についてもレポートしたいと思います! お楽しみに!

<続く>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.