あっという間に、シーズンの折り返し。前半戦最後の遠征は大阪へ! ヴェルディとしては昨年の最終節にこの地で負け、プレーオフ進出を逃した苦い思い出がまだ残る場所。

さて、セレッソ大阪の本拠地キンチョウスタジアムへは、新大阪駅から地下鉄御堂筋線で長居駅へ1本(約30分)、そこから徒歩7分くらい。JR鶴ケ丘駅からも徒歩5分程度なので、アクセスはまぁまぁ良好です。

この日は19時キックオフということで、夜行バスで朝、大阪に着いてからは、大阪の街をぶらぶらして時間をつぶしたり仮眠をとったりして、16時頃にスタジアム到着。ご覧の通り、サッカー専用のキンチョウスタジアムと、日本代表戦など行われる巨大な陸上競技場のヤンマースタジアム長居は隣り合わせなんですねー。

画像1: ぶらりと大阪遠征/緑のサポーター放浪記#02

スタジアムの周りをブラブラしてると、一時の“セレ女”ブームはだいぶ落ち着いたものの、相変わらず女性サポーターが多いなぁっていう印象。鮮やかなピンク色をみんな身にまとってるから、女子力が盛れてるお姉さんたちがたくさん。

まぁそんなことはさておき、まずはスタグル(スタジアムグルメ!)で腹ごしらえ。

屋台は12店、おそらく一番人気は「わなか」のたこ焼きでしょう。大阪の街を歩けばどこでもたこ焼きは食えるんですが、やはり有名店だけあってバランスが良く、9個入りで500円とコスパも悪くありません。2種類のソース、しょうゆと塩から味が選べ、今回は塩味をチョイス。生地の甘味が引き出されて美味! 塩も、ほんのりとセレッソカラーのピンク色となってます。

画像2: ぶらりと大阪遠征/緑のサポーター放浪記#02

ただ個人的な感想ですが、屋台村全体として人気商品は他にもありつつも、セレ女ブームの影響(?)もあってデザート系が多いため、とにかく混みやすいんです。

ってことで、基本は早めに行くのがGood。だいたいキックオフ2時間半前から開くので、そのタイミングがベスト。その時間はちょうどセレッソサポーターの先行入場開始の時間なので、グルメ屋台に並ぶ人は少ない。アウェーサポーターはキックオフ2時間前に入場して、荷物とか置いていざスタグルへ……ってなると、そのときはすでにセレッソサポの混雑が待ってるんですよ。

画像3: ぶらりと大阪遠征/緑のサポーター放浪記#02

さぁ場内。やっぱり専用スタジアムはいいですね♪ ピッチとの近さ。もともとラグビー場だったのを改修した経緯もあり、ホーム側に比べてアウェー側は若干遠かったり、ちょっと高さがないので最前列だと見づらいかな?というところはあるんですが。

でまぁ、試合結果の方は…、お察しください(笑)

良いゲームではあったんですが、残念ながら0-1で敗戦。今年はまだアウェーで勝ちなしと厳しい状況が続いてます…。

試合終了は21時。当然、東京に帰る新幹線には間に合いません。翌日に何も予定がなければ帰りも夜行バスって手もあるんですが、月曜はお仕事なのでこの日は大阪にお泊まり。翌朝一番の新幹線で帰りました。

会計 6月26日(日) J2第20節 vsセレッソ大阪戦 @キンチョウスタジアム(大阪)

 東京⇒新大阪 夜行バス   3,000円
 新大阪⇒長居(御堂筋線) 320円
 チケット(アウェイゴール裏自由席)2,200円
 スタグル たこ焼き  500円
 長居駅⇒新大阪(御堂筋線) 320円
 新大阪⇒東京(新幹線)  13,620円
 合計     19,960円

6月は月初に山口遠征もあったため、大阪ではあまり遊ばず試合に集中したのでこんなもん。行きの夜行バスは土曜出発の直前割りで相場よりは安く行けたし、帰りも夜行バスだったら1万円以下に抑え込めましたね。まぁ大阪での食事とか、お土産は別途かかってますが。大阪に住む親戚の家に泊まったので宿泊費もなしです!(笑)

ってことで、次回は7月の清水遠征ですかねー。このときには、青春18きっぷで格安遠征の予定! そのあたりのお話は、また今度!

※この記事は「ゆるすぽアンバサダー」が作成した記事です。記事内の権利関係等の責任は筆者に属します。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.