14~15世紀、剣や盾を手に持ち、鎧を身に着け、いつ終わるとも知れない戦いに明け暮れていた中世の騎士たち。その時代に繰り広げられていた戦闘を現代に甦らせた新しいスポーツ「アーマードバトル」!

今回は、本格的なドイツ剣術や、西洋甲冑や和甲冑を身に着けた戦い方を一から学ぶことのできるスクール「キャッスル・ティンタジェル」にお邪魔してレッスンを受けることに! われらがゆるすぽレポーターの山本祐香さんに体験してもらいました!

●第1話の記事はこちら→

体験レッスンの流れは、以下の通り。

 ①オリエンテーション

 ②通常レッスン

 ③鎧スパーリング

オリエンテーションでは、初心者でも安心して楽しめるように、基本的なステップや体の使い方を学びました。今日は、続いての通常レッスン、そして鎧スパーリングの模様をお届けします!

通常レッスンでは、公式戦でもファイターとして戦う方たちも一緒になって練習します。こちら、とってもキュートな笑顔の加川聖香さん。

画像1: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

なんと彼女、世界3位の実力を持つファイターなのです! こうした実績を持つファイターも初心者も一緒に練習できるところが、騎士道レッスンの醍醐味なのかもしれませんね。

この日は護身術から通常レッスンをスタートしたのですが…

画像2: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

さすが! 山本さんもつい、「きゃー!」と声を上げてしまいます。

山本さんもチャレンジ!

画像3: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像4: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

お見事! それほど力がなくても、相手の力をうまく利用すれば、簡単に転ばせられるみたいですね。鍛錬を積めば、女性が暴漢に襲われたときでも自らの身を守ることができそうですね!

この後は、武器を持ってのレッスンに移ります。皆さん、自分の練習に真剣に打ち込みながら、山本さんにもちょっとしたコツを教えてくれるおかげで、はた目にもメキメキ成長していく姿が見て取れます。

画像5: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像6: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像7: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

途中から槍を手にして、“突き”の快感を覚えた山本さん。

画像8: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

これで通常レッスンも終了。ここまでで約1時間半! 体力の無さを心配していた山本さん。やっぱりちょっと疲れたようですが、それでもレッスンを受けているうちに騎士道剣術の奥深さに目覚めた模様? 休憩時間にも、ジェイさんと円山さんにアドバイスを求めています。

画像9: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

何だかとっても楽しそう!

さて、ついにお待ちかね(?)の鎧スパーリングです! まずは鎧のお着替えタイム。甲冑の着用は、スタッフの方がやってくれるので安心です。ジャージ姿から、徐々に騎士に変身していく様をご覧ください!

まずは足から…

次に、上半身の下地を…

あらためて下半身を完全防護して…

首回り…

胸や胴回りも…

腕にも装着して…

ここで一旦、はいポーズ!

さらにヘルメットも装着して…

はい、完成です!!

これは…、本格的にカッコイイ!! どこからどう見ても、ナイトそのものです!!

山本さんに感想を聞くと、「重いです…」と。それもそのはず、甲冑を全て装備すると、なんと20~30kgにもなるそうです。少し動いただけでも、鉄と鉄の当たるガシャガシャという音が…。そういえば歩くのもどことなくぎこちない。これは確かにツラそうです。「なんだか具合が悪くなってきた気がします…」と、戦う前から急に弱気になってきた山本さん。はたしてこれまでの練習の成果を発揮することはできるのでしょうか!?

スパーリングを始めるにあたって、ジェイさんから説明があります。

いや、説明というか、ものすごい勢いで殴り掛かっていますけど(笑)。それを見ている山本さん(左)、どことなく引いている??

ただ、甲冑を身に着けていると、実際に武器で殴られても全く痛くないようです。頭を殴られると耳がキーンとする感じはあるのですが、それでも動いていると甲冑のガシャガシャという音もするので、殴られていることになかなか気が付かなったりもするようです。ただ、クリーンヒットするとやはり衝撃は感じるようですね。攻撃側はクリーンヒットしたつもりでも、守備側は気が付いていないこともあるので、攻撃側にもクリーンヒットしたと伝えるために、守備側は大きな声で「グッド!」と言う必要があります。つまり、自分が「グッド!」と言わない限りは、攻撃側はまだクリーンヒットされていないものと認識して殴り続けてくるのです!

こう書くと物騒な感じがしますが、あくまでも痛みは感じないので大丈夫ですよ(笑)。

ということで、スパーリングのスタート!

画像23: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像24: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像25: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

相手は山本さんと同じく女性ファイターで、オリエンテーションから山本さんを指導してくださった円山さん。山本さんが攻撃を仕掛けても、巧みに剣や盾で防がれてクリーンヒットができません。さすが師匠! やみくもに攻撃をしても、思うように相手を倒すことができないのですね。

山本さんは初心者ということで、相手の人は“守備だけで攻撃しない”という特別ルールが最初に説明されていました。ですので、安心して攻撃の練習を…

できません! 見てください、この圧力!

画像26: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

しかも、相手の人は“守備だけで攻撃しない”という特別ルールも、気が付けばなくなってしまっていました。ガンガン攻撃される山本さん。

画像27: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像28: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

あっという間のクリーンヒット!

しかし、これが山本さんの負けず嫌いの闘争本能に火をつけてしまったのでしょうか。ついにその瞬間が訪れます!

画像29: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像30: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像31: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②
画像32: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

クリーーーーンヒッッッット!!!!!

今回、山本さんと同じく体験レッスンを受けられていた方だったとはいえ、ついに山本さんがクリーンヒットを奪いました!! 結局この日は合計で3回、クリーンヒットを奪う活躍を見せたのでした!!

こうして体験レッスンは終了。山本さんに感想を聞いてみました。

画像33: 山本祐香さん、騎士道へ覚醒の時!目指せ1本!/騎士道剣術体験レポート②

「すごく楽しかったです! 最初はあまり余裕が無かったんですが、やってるうちにだんだんと攻撃の仕方を考えられるようになってきました。初めてということもありますし、女性で筋力も無いので、自分の攻撃の型があまり無いわけですよ。だけど、どうすればその中でもクリーンヒットを狙えるかを考えられるようになって、どんどん楽しくなりましたね。私が野球を好きなのも、頭で考えるのが好きだからなんですよ。だから、意外と頭を使って楽しめるんだなと分かって、面白かったです。やればやるほど、どんどん勝ちたい願望も出てきて、ホントにすごく楽しかったです!!」

山本さんの言うように、はたから見ていても、途中から戦い方が変わったのが分かりました。最初は迷いながらやっていたため武器のスイングも弱々しかったのですが、頭で考え始めてからは自信をもって攻撃できるようになっていました。武器が相手の甲冑に当たったときの音も、「カン」っていう軽い音から「ガシャンッッ!!」という重い音へと、明らかに変化したのです!

やはりこのアーマードバトル、クリーンヒットを奪ったときが最高に気持ち良い瞬間でしょう。初心者でも、普段あまり運動をしない人でも、筋力が少ない女性でも、頭を使えば1日でクリーンヒットできることを証明してくれました!

お疲れさま、そして、ありがとう、山本さん。あなたは、ゆるすぽレポーターの鑑です!!
もちろん、頭を使うよりも本能のままに戦いたいんだ~!という楽しみ方だって、全然アリです! 人それぞれの楽しみ方があるでしょう!

いずれにしても、甲冑を着て武器で相手をぶん殴るという、なかなか日々の生活の中では味わうことのできない非日常の空間に身を置くというこの経験。
まずは公式戦を観戦してみるもヨシ! さっそく自分で体験してみるもヨシ! 気になる方は、まずHPを要チェックです!

◆キャッスル・ティンタジェル
http://www.castletintagel.com/

◆ジャパン・アーマードバトル・リーグ
http://www.armoredbattle.com/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.