14~15世紀、剣や盾を手に持ち、鎧を身に着け、いつ終わるとも知れない戦いに明け暮れていた中世の騎士たち。その時代に繰り広げられていた戦闘を現代に甦らせた新しいスポーツ「アーマードバトル」!

画像1: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

ゆるすぽでは以前、日本で唯一のアーマードバトルの公式戦を行うために結成されたジャパン・アーマードバトル・リーグ(Japan Armored Battle League)と、その大会「JABL STEEL! League match」をご紹介しました!

●ジャパン・アーマードバトル・リーグの記事

このアーマードバトル、ただ観戦するだけではなく、実際に自分でも体験することができるのです! というわけで今回は、本格的なドイツ剣術や、西洋甲冑や和甲冑を身に着けた戦い方を一から学ぶことのできるスクール「キャッスル・ティンタジェル」にお邪魔して、体験レッスンを受けることに!

憧れのナイトとなって、敵をバッタバッタとなぎ倒す光景を妄想し続けて早や40年弱のアラフォー編集部。もう当然やる気満々で挑戦します! というつもりだったのですが、「腹も出ててロクに動けもしないおっさんでは絵にならない」という天からの一声で、その夢は儚く散りゆく運命に…。戦いに負けるならまだしも、戦場にすら立たせてもらえないとは…。世の無情さを嘆きつつ、代わりに体験レッスンを受けてもらうレポーターの方と待ち合わせです。

おっ、あの方は!? われらがゆるすぽレポーター、山本祐香さんです!!

「三度の飯より野球が大好き」という山本さん。果たして自分でスポーツをするのはどうなんでしょうか?

「あまりしないですね。家から駅まで徒歩7分の距離ですら、歩くよりも自転車を使おうと思うくらい体力がないです」(山本さん)

マジですか!! JR目白駅からキャッスル・ティンタジェルまでの距離が徒歩10分…。本当にこの人で大丈夫でしょうか!? 「やっぱり俺がやった方が…」と諦めの悪いことを考えているうちに到着しました。

画像3: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

入り口でさっそく写真をパシャリ。レポーターとしてのやる気は十分なようです! というわけで、山本さんの本日の意気込みをどうぞ!

「美しいフォームで、美しく戦いたいです。運動は苦手じゃないんですけど、どんな運動をするときでも、動きがあまり美しくないんですよ。でも、キャッスル・ティンタジェルさんのHPで動画を拝見したら、すごくカッコイイじゃないですか。せっかく体験させていただくので、やっぱりカッコ良く、美しくやってみたいですね」

意外に高い目標を設定した山本さん。てっきり「体力は無いですが、最後まで頑張ります♡♡」くらいなのかと思いきや…。

「えっ、それくらいのことでいいんですか? じゃあ、やっぱりそっちに訂正しま…」

もう遅いですよ! 「美しいフォームで、美しく戦う」でいきましょう!

この日の流れを紹介します。

 ①オリエンテーション

 ②通常レッスン

 ③鎧スパーリング

となっています。

①オリエンテーションでは、体験レッスンを受ける人が初心者でも安心して楽しめるように、入念なストレッチから基本的なステップや体の使い方を教えてくれます。

続けて、②通常レッスンでは、公式戦を戦うようなファイターの人たちも一緒になって、武器の使い方やテクニックなど、本格的な戦いのスキルを学ぶことができます。

そして最後に、③鎧スパーリング。その名の通り、実際に鎧を着て戦うのです!

参加人数によって時間は前後するということですが、①②③を通して約5時間という長丁場! 山本さんの体力がもつのか、ますます心配になってきます(汗)。

この日、レッスンしてくれるインストラクターは、このキャッスル・ティンタジェルの城主、ジェイ・ノイズさん。山本さんが武術の経験がないと聞いても、「HAHAHAHAHA~! オーケー、モンダイないで~す!!」と豪快に笑いながら答えてくれる陽気なアメリカンです。

画像4: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

ジェイさんはミズーリ州の出身で、中世文化の再現団体であるSCA(Society for Creative Anachronism)で中世ヨーロッパの甲冑戦を経験してから、剣術の研究に没頭したとか。そこに、本場ドイツでの修行経験も合わせて、ドイツ剣術や騎士道剣術、さらにはドイツ流の護身術を、初めて日本に伝えた方なのです。西洋剣術を教えるスクールとしてキャッスル・ティンタジェルを設立するだけではなく、大会を運営するジャパン・アーマードバトル・リーグを創立したのも、このジェイさん。なんと、超有名ゲーム「ファイナルファンタジーXII」にスタントチームとして、大人気アニメ映画「ベルセルク」の西洋剣術スタントアドバイザー・指導で参加もしているのです!

実はジェイさんがすごい人だと知って、山本さんの気が引き締まったところで…、さぁ、レッスンの開始です!

まずは武器を手にします。公式戦のときの本格的な武器とは違って、今回はレッスン用に木でできた武器を使います。

画像5: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

恐る恐る武器を手にする感じの山本さん。

画像6: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①
画像7: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

どことなく、まだ戸惑っている感じがありますね。でも戸惑っている暇はありません。ジェイさんのレッスンはどんどん進んでいきます。

画像8: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①
画像9: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①
画像10: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①
画像11: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①
画像12: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

あれ、どことなくだんだんと戦う女の顔つきになってきたような…。ジェイさんと一緒にインストラクターを務める女性の円山さんも優しく丁寧に教えてくれるので、その気になってきたかな?
剣だけではなく、盾の使い方も学びます。

画像13: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①
画像14: 女の子だって騎士道剣術を体験したい!/騎士道剣術体験レポート①

ここでオリエンテーションは終了。山本さんは「難しいですね。特に足の動きが難しくて、そっちに気を取られると、その他の動きもできなくなってしまって…。これは美しいフォームどころの話ではないかも(苦笑)」と言っていましたが、ちょっとずつ様になってきたような気がします! ジェイさんも円山さんもしっかりと教えてくれるので、決して置いてけぼりにされることはありません。難しいながら、むしろ試行錯誤しながら楽しんでいるようです!

さて次回はついに、ファイターの方たちと一緒になって練習します! 乞うご期待!!

◆キャッスル・ティンタジェル
http://www.castletintagel.com/

◆ジャパン・アーマードバトル・リーグ
http://www.armoredbattle.com/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.