ライフセーバーによる人命救助や水難事故防止の技術を上げることを目的につくられたライフセービング競技! その国内最大の大会である全日本ライフセービング選手権大会が、10月8日(土)、9日(日)、片瀬西浜海岸で開催されました。

先日ゆるすぽでは、その競技の一つであるビーチフラッグスの和田賢一選手のインタビュー記事を掲載しました。その和田選手が見事、大会3連覇を達成しました!!

画像1: ビーチフラッグス和田賢一選手が全日本選手権3連覇を達成!! 「僕は幸せ者です」

●和田賢一選手の記事
第1話 「ゴールの先に、守るべき命がある」
第2話 「あなたは大切な人の命を守ることができますか?」
第3話 「“世界一”になる過程でお巡りさんに職務質問!?」
第4話 「アサガオがより高く咲くためには? 世界一への真っすぐ“夢”」

 
42回目の開催となった全日本選手権。北は宮城から南は沖縄まで、59クラブ、1220人が参加し、熱戦が繰り広げられました。

大会2日目となる9日(日)は、朝から悪天候…。息をするのも苦しいくらいの強い風と、刺すように降りつける大粒の雨。立っているのも大変なほどで、思わず、「台風中継か!」と一人ツッコミするほどでした。

画像2: ビーチフラッグス和田賢一選手が全日本選手権3連覇を達成!! 「僕は幸せ者です」

ですが、徐々に天候は回復し、和田選手の参加するビーチフラッグスも無事開催されました!

画像3: ビーチフラッグス和田賢一選手が全日本選手権3連覇を達成!! 「僕は幸せ者です」
画像4: ビーチフラッグス和田賢一選手が全日本選手権3連覇を達成!! 「僕は幸せ者です」

自らの持つ技術とプライドの全てを、その一瞬にかけた戦い。本当に見ていて痺れました。3秒ちょっとで決着がついてしまう競技だけに、ほんのちょっとのミスや迷いも許されない緊張感。固唾をのんで見守るチームメートやギャラリーの皆さん。紙一重のスリリングな戦いにため息が漏れ、万雷の拍手が送られていました。

そんな中で、見事に3連覇を達成した和田選手から、コメントを頂きました!

「たくさんの応援を頂き、全日本選手権3連覇を達成する事ができました。
今は、ただただ支えて下さる方々への感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
僕は幸せ者です。
微力ですが、ライフセービングの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えられるように、
また、この人にできたら、僕にも私にもできると子どもたちに思ってもらえるように、これからも日々挑戦を続けていきます。
応援、本当にありがとうございました」


優勝を決めた直後、和田選手は感極まって涙したと言います。先日のインタビューで、「この1年、2年、もがいて、もがいて、ようやく夢に向かって進むべき道筋が見えてきました」と話していた和田選手。ホッとして思わず涙がこぼれてしまったのかもしれません。

ですが、和田選手にとって、全日本選手権優勝は、まだ通過点。次の目標は、来年4月に開催される全豪選手権での優勝! 世界一になるという“夢”に向かって、和田選手はこれからも走り続けます!

ゆるすぽでは、そんな和田選手をこれからも応援し続けます!!

画像5: ビーチフラッグス和田賢一選手が全日本選手権3連覇を達成!! 「僕は幸せ者です」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.