「三度の飯より野球が大好き!」、ゆるすぽレポーター#1山本祐香です。

三度の飯より…と言うだけあって、息をするかのように気づいたらどこかの野球場にいる私ですが、その中でも一番足を運ぶ球場が『明治神宮野球場』(以下、神宮球場)です。今年も、プロ野球・大学野球合わせて60試合以上を神宮球場で観戦。一日に二、三試合観戦することもあるので、どうせならもう神宮球場に住みたいなと思っている今日この頃です(笑)。

画像1: 三度の飯より神宮球場が大好き! #1

そんな私が初めて神宮球場を訪れたのは2007年、一度でいいからプロ野球で一番好きな球団「東京ヤクルトスワローズ」のホームグラウンドで試合を観たい、と思ったことがきっかけでした。その当時、北海道在住のOLだった私。東京ヤクルトスワローズの試合を観る機会は、地元の札幌ドームか円山球場で試合が行われるときのみだったのです。

そしてとうとう、土日の休みを利用して一泊二日の東京旅行を決行。ヤクルト-中日の内野席のチケットを購入し、いざ神宮球場へ! 試合結果を先に言っちゃいますと【ヤクルト7-16中日】で中日が勝利。福留孝介選手が6打数5安打でヒーローインタビューを受けていたことを鮮明に覚えています。残念ながらヤクルトは負けてしまいましたが、初めて足を踏み入れた神宮球場が私に与えた感動は、それはそれは大きなものでした。

晴天の4月、見上げると真っ青な空、肌をなでる春の風、響き渡る歓声と応援歌、スタンドとグラウンドの距離が近く間近で見ることのできるプロの華麗なプレー、それはもう素敵すぎる空間で! その上、都会のど真ん中にあってアクセスも抜群、こんな全てを兼ね備えた球場があったなんて! なんで早く来なかったんだろう!  私ったらバカバカバカ! そうやって自分を責めるくらい、衝撃を受けました(笑)。

そこで、私、決めたんです! 一瞬で私を虜にしたこの球場にいつでも来られる距離に引っ越そう、と。神宮球場と共に歩めなかった今までの人生を取り戻すには、引っ越すしかないと思ったのです(笑)。ちょうどこの頃、いつかメディアに出て大好きな野球の面白さを伝える仕事ができたらいいな、と思っていたこともあり、東京に引っ越すことに迷いはありませんでした。思いついたら即行動、その年の8月には会社を辞め、なんのつてもないまま東京に来てゼロから新生活をスタート!

それから丸9年が経ちましたが、相変わらず神宮球場は素敵な空間で、私はそこで野球観戦を楽しんでいます。最初はプロ野球しか観ていなかった私も、アマチュア野球も面白いよ、と社会人野球観戦に連れて行ってもらったことがきっかけで好きになり、今はアマチュア野球全般を観るようになりました。そしてこの9年の間に、様々な場所でそんな野球の楽しさについて話す機会をいただけるようにもなりました。楽しさを教えてくれた人がいたから知ることができた…だから私も、野球観戦の楽しさを少しでも伝えられたらいいな、同じように野球を楽しむ人が増えてくれたらいいな、といつも思っています。

私の人生をも変えた、愛してやまない神宮球場。しかし、こんなに通っていても、まだまだ私は神宮球場の全てを知っているわけではないのですよね。いつの頃からか、スタンドで試合を観戦しているだけでは知り得ることのできない隠れた魅力を暴き出したい、という思いが芽生えてきました。そしてその魅力を私だけではなくたくさんの人に知って欲しい! そんな思いがどんどん膨らんでいく毎日……。

なんとなんと! それが、この「ゆるすぽ」で実現することになったのです!!

しかも、神宮球場は今年90周年を迎えました! こんな記念すべき年に取材ができるなんて幸せ!!

ということで、9月某日、明治神宮野球場の皆様のご協力の下、その魅力に迫ってまいりました! 一般の方が入ることのできないエリアに潜入したり、貴重なお話もたくさん聴かせていただくことができましたので、野球好きさんはもちろん、どんな方にも楽しんでいただけること間違いなしです! 次回より5回に分けてお届けする神宮球場潜入レポート、お楽しみに!!

画像2: 三度の飯より神宮球場が大好き! #1
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.